更新日:

集中力

集中力を高めるには?方法や仕組みを知ることで超集中力が手に入る!?

      
スポンサーリンク

集中力を高めたい、もっと成果を出したい、そんなことを考えている方もいるでしょう。

大きな成果を成し遂げる人や成功者は皆、並外れた集中力を持っています。

しかし、集中できる否かは、持って生まれた才能ではないんです。

そのため、集中力がどのようにして発揮されるのかが理解できれば、あなたが手に入れたい超集中力はあなたのものになります。

ここでは、集中力を高める方法や仕組みについて解説していきますので、集中力を高めて大きな成果をあげたいと考えている方は、ぜひ、ご参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

集中力を高めるには

集中力を高めるには、雑音や雑念を排除しなければなりません。

別に、瞑想や座禅を取り入れましょうというわけではないのですが(やる価値はめちゃめちゃありますよ!)、目の前のことに集中できないのは、他のことに気が散っているから。

やらなければならないことがあり過ぎて、あれもこれもと手を付けているうちに、こんな時間になってしまったなんてことありませんか?

忙しい人ほどありがちですよね

集中力を高めて成果を上げたり、タスクを片付けていったりするためには、目の前にある一つのことに集中しなければなりません。

目の前のことだけというのが肝です。

そのためには、雑念となる、他のやるべきことをどこかに置いておかなければなりませんよね。

頭の中から消すことは不可能なので、外に吐き出してしまうというのが大切です。

スケジュールを組む、これが一つの手。

ありきたりな方法なのですが、かなり有効な手段なのです。

今日のやるべきことを上から紙に書いて、優先順位や時間が決まっているものを並べ替えていく。

そして、上に書いたものや時間が決まっているものが終わらない限り、次のことには手を付けないということをルールとする、これが大事なんです。

あれもこれもとやってすべて中途半端ということが防げますし、会社で上司にスケジュールを聞かれた時に、すぐに答えることができます。

また、新しい予定が入ったときも、日程を把握することができるので、おすすめの方法です。

 

集中力を高める方法について

集中力を高める方法はいろいろありますが、先ほどお伝えした、やるべきことを書き出す方法や瞑想、座禅の他に、毎日の生活の中で、すぐに取り入れることができる方法をご紹介します。

気になったものがあれば、すぐにでも試してみてください。

 

ポモドーロ・テクニック

ポモドーロ・テクニックとは、イタリアのフランチェスコ・シリロという人が考えたもので、25分間やって5分間休憩を1セットとして、最大4セット続けるものです。

難しい名前に見えますが、やることは非常に簡単で、仕事の中でもすぐに活用できます。

名前の由来であるポモドーロは、イタリアの言葉でトマトという意味。

フランチェスコ・シリロさんは、トマト型のキッチンタイマーを使って、この方法を編み出したそうです。

私も、仕事であらゆるタスクから追われ、一つのことに集中できずに、あれもこれもと焦りばかりが先行していた時期がありました。

焦れば集中できないし、仕事も終わらないことは分かっていたのですが、時間の使い方がよくわからなかったのです。

そこで、ポモドーロ・テクニックやってみました。

これは、本当にすごいです。

25分間って思っているよりも短くて、早くやらないとという焦りが出るのではと思っていたのですが、そんなことはありません。

どちらかというと、いい緊張感で仕事を進められます

5分間の休憩で目を使わないようにすれば、眼精疲労による頭痛も防ぐことができますし、基本座り仕事なので、立ち休憩を挟むことによって、気分転換にもなるのです。

これは、実体験からめちゃめちゃおすすめします。

 

ウルトラディアンリズム

ポモドーロ・テクニックに慣れたら、ウルトラディアンリズムを取り入れましょう。

ウルトラディアンは、ペレツ・ラヴィー博士が見つけたもので、人間は90分と20分のバイオリズムで活動しているというもの。

体内時計がこの時間で動いているということです。

90分は集中できる時間で20分は眠気の強い時間。

睡眠で言うと、90分は深い眠りで、20分は浅い眠りの時間帯です。

これを繰り返しながら私たちは生活しています。

そのため、この仕組みを上手く活用して、仕事の時間割を決めていくと、集中できる時間が増え、なおかつ、適度に休憩を挟むことで、疲労がたまりにくくなるのです。

 

集中力を高める方法の注意事項

ポモドーロ・テクニックとウルトラディアンリズムを活用していく時に、気をつけていただきたいことがあります。

それは、その時間は一つのことだけに集中するということです。

先ほどお伝えしたように、一つのことだけを考えれば集中できる時間が持続しますが、他のことを考えだしたとき、集中力は切れてしまいます。

また、いろいろやらなければと焦りが生まれてしまうのです。

何度も言いますが、一つのことだけに取り組むことで、集中力を維持できます。

さらに、物足りない、もっと続きをやりたい、くらいのところでも時間が来たら手を止ましょう。

休憩を挟むと集中力が切れてしまうのでは、と思いますよね。

安心してください。

休憩を挟んでいる間も、あなたは直前までやっていた仕事のことを考えているのです。

思考が整理できるので、休憩明けもガーッという勢いのまま仕事を一気に片付けることができます。

休憩は悪いことではなく、むしろ、集中力を保つために積極的に取り入れるべき時間です。

休憩をはさみつつ、やるべきことをスピーディーに終わらせて行きましょう。

 

まとめ

集中力を高めるには、一つのことだけをやるというのが重要です。

何かに手を付けたらそれだけしかやらないと心に決めることで、集中力は格段にアップします。

1日の中でやらなければならないタスクは、優先順位を決めて、上から消しこんでいきましょう。

また、やらなけれならない時間が決まっているのならば、それから予定を埋めていくのも有りです。

ポモドーロ・テクニックウルトラディアンリズムは、人間の仕組みから来ていて、研究されているものなので、実績や信頼は十分にあります。

時間を有効活用するために、積極的に活用してみましょう。

きっとあなたは、多くの仕事をこなすスペシャリストになるはずです。

スポンサーリンク

-集中力

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.