更新日:

スポーツ

ゆるスポーツに注目!誰でもできる種目やゆるスポーツ協会について調査!

      
スポンサーリンク

今年はオリンピックイヤーということで、スポーツに注目が集まっています。

その中でも、ある小学校に「横浜ゆるスポーツ協会」がゆるスポーツを指導したことで、ゆるスポーツに意外と人気が集まっているとニュースになりました。

ゆるスポーツとは、年齢や性別、運動神経に関係なく、誰もが気楽にできるスポーツのこと。

ゆるスポーツには、さまざまな種目があり、協会も存在します。

ここでは、今注目すべきゆるスポーツのことをご紹介していきますので、簡単にできるスポーツをお探し中の方は、ご参考にしてください。

 

スポンサーリンク

ゆるスポーツとは?

引用元:世界ゆるスポーツ協会公式サイト

横浜市の小学校東山田小学校に「横浜ゆるスポーツ協会」のメンバーが、ゆるスポーツの指導にあたりました。

そのゆるスポーツの名前は、「トライ・トレイン」。

小学生たちは、みんな笑顔で、体育に苦手意識を持っていた子も「手でこいで進んで行くのが楽しかった」と話しました。

ゆるスポーツは、運動の得意不得意に関わらず、誰もがスポーツを楽しめるようにと考案されたスポーツです。

今回横浜市の小学校に指導にあたった横浜ゆるスポーツ協会は、2016年に設立された「世界ゆるスポーツ協会」の地域支部。

去年は、横浜市内の5つの小学校でゆるスポーツを指導したとのことで、精力的に活動されています。

指導したスポーツは、「トライ・トレイン」や「やわらかバルーン送り」など。

協会のメンバーも驚くほどのニーズで、さまざまな場所から声がかかるそうです。

小学生たちはみんな笑顔でゆるスポーツを楽しみました。

「トライ・トレイン」や「やわらかバルーン送り」に人気があるのは、新スポーツを体験できることに加え、「プラスα」があるからです。

一時的な人気で終わらせないように、さまざまな工夫をしているとのこと。

小学生たちとは、ひとつの競技にどうやったら目の不自由な人も楽しむことができるかや

競技ごとにマークを示して誰でも参加できることをアピールするなどの意見を出し合いました。

東京オリンピックやパラリンピックで、こうしたスポーツは一時的に人気を集めますが、その熱が冷めてしまうと、参加する人数を集めるのは至難の技です。

横浜ゆるスポーツのメンバーは、「障害者とどうやったら野球を一緒にできるかを考える子が育ってほしい」とコメント。

ゆるスポーツを、障害者スポーツのブームにしてはならないと危機感を募らせていました。

それでは、ゆるスポーツに対する世の中の反応を見てみましょう。

 

ゆるスポーツに世間の反応は?

ゆるスポーツという言葉を知っている人も少なく、今回のニュースでも初めて知ったという声もあります。

中にはやったことがある人もいて、できる施設があると参加する人も増えるのではという意見もありました。

「スポーツの本質は、体罰や暴言が飛び交う学校の部活動のようなものではなく、楽しむものであり、遊びから始まっています。
そう考えれば、ゆるスポーツが人気になるのは当然といえば当然です。
だだ、ゆるスポーツ施設はほとんどないですからね。それが断念ですね。」

「厳しいルールや勝敗がなく、けど体を動かしたいという人もいるんでしょうね。
競技とは違う路線で流行るんではないでしょうか。」

「外で遊びたがらない、
土日潰す辛いスポーツやりたがらない、
飽きやすい、運動不足、運動神経ない、
ゆるスポーツよ!もっと広まってくれー!」

最近では外で遊ぶ子供の数が減り、屋内でゲームをする姿を多く見ます。

夏は紫外線が強く気温も高いので、昔と比べて遊ぶことが難しい環境になっていますが、スポーツや運動は屋内でもできるもの。

アルコール消毒の普及などで、菌に対しても弱くなっている現代人ですが、スポーツをすることで代謝も上がり健康を維持することができます。

子供の時には自分たちで「遊び」を考えることが楽しかったものですが、今は周りになんでも揃っています。

子供が自分から何かを生み出したり、考えたりすることが減ってしまうのも無理ありません。

しかし、大人になった時に、大切なのは、自分の考えを持つことですよね。

こうしたゆるスポーツが広まることにより、周りのことを考えながら遊ぶ習慣や運動することが好きな子供が増えるといいです。

 

まとめ

今回は、ゆるスポーツに焦点を当ててまとめていきました。

日本は寿命がとても伸びていて、90歳の方が普通にいる世の中です。

しかし一方で、お年寄りの事故や認知症などが問題に。

さらに、パソコンやスマートフォンなどの普及から、運動する人たちも少なくなっています。

寿命が伸びることはいいことですが、健康でなければ長い人生を楽しむことはできませんよね。

また、自分で考える子供を増やしていかなければ、なんでも与えられると思う大人が増え、少子高齢化で人手不足の日本は、成り立っていかなくなります。

さまざまな問題に明かりを灯すきっかけとして、ゆるスポーツが広まるといいですよね。

スポンサーリンク

-スポーツ

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.