投稿日:

スポーツ

八重樫東 心境とは?引退試合後は居酒屋やカフェなどの店の経営者?

      
スポンサーリンク

プロボクサーの八重樫東選手が、大橋ジムの大橋秀行会長から引退宣告されていたことがわかりました。

八重樫東選手といえば、元世界3階級性制覇の王者ですが、年齢には抗えないようです。

引退後の進路についてはまだ発表されていませんが、試合がなくなれば居酒屋やカフェなどの店の経営者として働く選択肢もありそう。

それでは、見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

八重樫東 心境とは?

八重樫東(やえがしあきら・37歳)選手が、大橋ジムの会長である大橋秀行氏から引退宣告されていることがわかり注目を集めています。

これは、大橋秀行会長が自身のインスタグラムに投稿したことから明らかとなったものです。

大橋秀行会長は、

「八重樫東には引退勧告しました」

とコメントし、その後の活動については本人に任せるとのこと。

 

今月25日には八重樫東選手の37歳の誕生日を機に、後援会の報告会が開かれたそうですが、そこでも会長は引退について言及しています。

このことについて八重樫東選手は、

「今やっている人たちのほうが大事でしょう」

とコメントしています。

これは、今、新型コロナウイルスが大流行しているので、現役の選手たちが試合を控える中、予定通り試合を開催できないことでジムやボクシング界が慌ただしい現状を示唆したものです。

自分の引退どうのこうのよりもやるべきことがあるだろうといった考えと感じます。

八重樫東選手は、3月16日に後楽園ホールで行われる大橋ジムの興行が中止となったことや井上尚弥選手の公開スパーリングが中止になったことを気にかけています。

 

八重樫東の心境はまだ決まっていない

八重樫東選手は引退に対して決まっている気持ちとどうしようかという気持ちが切磋琢磨していると話しています。

また、

「正直、やるという選択肢はないと思うんです。」

とコメント。

さらに、

「決してボロボロになるまでボクシングをやろうという気持ちもないんです」

と話していることから、引退は考えつつまたやりたい気持ちになったときのために、体の準備はしているということがわかります。

引退は選手の人生を大きく変えるものですからすぐに決めることはできないですよね。

自身が納得する答えが出せることを祈っています。

 

八重樫東 心境に世間は?

八重樫東選手の心境にはファンも声援を送っています。

また、体がそろそろ限界じゃないかと心配する声もあり、いずれにしても八重樫東選手が出した結論を尊重していきたいと考える人が多いようです。

それでは、世間の声を見てみましょう。

「どんな決断をいつ下そうが、支持する。
今は感謝と応援の気持ちしかない。」

「おつかれさん。単なる勝ち負けじゃなく、ボクシングの面白さを体現してくれた。アマチュアエリートからプロでは激闘王。井岡戦、ロマゴン戦は素晴らしかった。負けて評価の上がる選手はなかなかいない。それは八重樫君の心のあり方に観衆の心が震えた結果だと思う。ゆっくり休んでくれ。」

「やめられないしやめたく無い気持ちはわかるけれどね。
潮時は過ぎているかとも思うからね。
自分で後悔しないような選択をしてほしいよね。
早々に引退する選手もいるし種目は違うがサッカーのカズさんのようにまだまだ現役で頑張っている選手もいるからね。
過酷で厳しい種目なだけに続けるのはかなり大変だとは思うけれどね。
どうするかを決めるのは八重樫選手自身だよね。」

「年齢的にも厳しいし、もう引き時だと思います。
打たれすぎてドランカーになってしまいそうで恐ろしい。
今後の人生を大事にして下さい。」

「八重樫は試合が面白く、好きなボクサーの一人です。
同じく好きなボクサーの一人、辰吉の様にぼろぼろになりながら現役に拘る生き様も男としてシビれるほどカッコいいけど、正直あこがれのボクサーがパンチドランカーになるのは見たくないな…」

引用元:ヤフーコメントより

八重樫東選手の選択を尊重するとしながらも、やはり体を心配している人が多く見受けられます。

ボクサーとしてのファイトスタイルに魅了された人も多いようで、人柄がにじみ出ているアスリートですよね。

肉体的な限界を知ることができるのは、自分しかいないと思いますが、人生を楽しく生きるためには健康な体があるから。

自身の体をいたわってほしいと思います。

 

八重樫東 心境とは?引退試合は?

八重樫東選手が引退を決めるにはまだ時期が不明ですが、決断されたときには引退試合があるでしょう。

肉体的な準備がまだあるとしているため、おもしろい試合になりそうですよね。

会長から言われた言葉に対しては、

「はっきりとこれからどうするかについて決まった段階で会長と話をしたい」

とコメントしていることから、会長の自分の人生は自分で決めるという理念をしっかりと理解してやってきたことがわかります。

これからどんな選択をするにしろファンは応援しているので、ぜひ、納得行く形で決めてもらえればと思いますね。

 

八重樫東 心境とは?居酒屋やカフェは?

八重樫東選手は、カフェ&ダイニングバーの「COUNT8」という店をやっていて、オーナーは奥さんだそうです。

店の名前は何度負けてもまた立ち上がれるとの意味が込められているのだとか。

 

去年の11月10日に放送された「坂上&指原のつぶれない店」の「つぶれそうな店」という新企画に登場しました。

有名人が経営する人がこない店として扱われ、「名代・富士そば」の経営者である丹道夫(たんみちお)会長が経営再建に手を入れたそうです。

店内のインテリアやメニュー等に手を加えた結果、お客さんが少しづつ増えていっているそう。

引退後はお店に顔を出すことも増えるでしょうから、もしかしたら生の八重樫東選手の接客を受けることができるかも?しれませんね。

 

八重樫東 心境のまとめ

八重樫東選手は、会長から引退勧告を受けています。

しかし、すぐに先の事は決められないとして、もう少し考えたいと話しているのです。

ファンからは体を一番に考えてほしいとの意見が出ていることから、引退は間近に迫っているように思います。

八重樫東選手は店長と共同で自身のお店を持っていて、「COUNT8」という名前です。

テレビの企画で生まれ変わったそうなので、気になった方は行ってみましょう。

 

 

スポンサーリンク

-スポーツ

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.