更新日:

新型コロナウイルス

東京マラソン2020 参加費は返金なし!一般参加者中止の代償とは?

      
スポンサーリンク

3月1日に行われる東京マラソンは、一般参加者の中止で開催されることが決まりました。

東京マラソンに参加するためには参加費が必要なのですが、今回の中止では返金なしとのこと。

一般参加者中止の報道には新型コロナウイルスの感染を考えた対策なので、仕方がないと諦める人が一方で、不可抗力に嘆く人もいます。

参加費は安くないのでただ失っただけ。

来年の参加費を安くするなどの対策はないのでしょうか。

関連記事:東京マラソン一般参加中止!新型コロナウイルスへの対策!代表選考は続行!

 

スポンサーリンク

東京マラソン2020 参加費は返金なし

東京マラソン2020は3月1日に行われますが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、一般ランナーの参加を中止としました。

東京マラソンには参加費を払う義務がありますが、今回の中止で参加費の返金はないとのことで注目が集まっているのです。

エリート選手のみで開催される今大会ですが、オリンピックの選考会も兼ねていることから、注目度は高いです。

それにしても、参加費返金なしなんて悲しすぎます。

 

東京マラソン参加費

東京マラソンの参加費は、以下のとおりです。

  • 国内ランナー1万6200円
  • 海外ランナー1万8200円

結構高いんですねー。

一般参加者中止の発表がされる前は、約3万8000人が参加する予定だったので、お金相当集まったでしょう。

今大会で出場できなかったランナーには、来年の出走権が与えられるそうです。

しかし、参加費免除等の施策はなく、出場する時はまたお金を払わないといけません。

東京マラソンに向けて準備してきた人も多いと思うので、不可抗力ではありますが残念ですね。

 

東京マラソン一般参加中止にランナーは

東京マラソンが一般ランナーの参加を中止にしましたが、これに対して出場する予定だったランナーたちは複雑な心境のようです。

「やっと当たって、練習してきたのに」

と話すのは、東京都にお住いの会社員の方。

9回目の応募でようやく手にした出場権。

東京マラソンの参加に合わせて相当なトレーニングを重ねてきました。

大会当日は、仕事を同僚にかわってもらったり、家族や友人が応援に駆けつけてくれる予定だったりと、準備は万全。

参加費が返金されないことに関しては、使いみちを知りたいとコメントしています。

このお金ってどこに行くのでしょうか。

 

初出走権を獲得した30代男性は、「ショック」とコメント。

東京マラソンに合わせて皇居の周りを走ってトレーニングを重ねたそうです。

参加費に関しては、返してほしいと話しています。

 

7年ぶりの東京マラソンへの参加を楽しみにしていたのは50代の男性。

コロナウイルスが感染拡大していることを知り、棄権しようと考えていたそうです。

大会側より中止の連絡が入り、諦めがついたと話していますが、今年はオリンピックがある特別な年。

正直なところは走りたかったという思いが強いそうです。

 

初めての人にとっても、出場回数が何回かある人にとっても、今年は特別な年であったことは間違いありません。

オリンピックイヤーって色々なイベントや人生に影響があるんですね。

ひとりひとりにいろいろな想いがあると思いますが、参加費返金なしはきついでしょう。

 

東京マラソン2020 参加費は返金なしに世間は?

東京マラソンが一般ランナーなしで開催されることに対しては、賛成の意見が多いです。

新型コロナウイルス感染拡大が心配されていましたし、オリンピックへの影響もあります。

しかし、参加費が返金されないことに関しては、首をかしげている人が多くいるのです。

参加するから払う参加費って、参加できない時は返ってこないものなのでしょうか。

それでは世間の声を見てみましょう。

「財団が取り止めと書いてあったけど参加費が集まったお金はどう使われてるんだろう・・・
そりゃ道路を止めて走るわけだからそういうことにお金はかかるかもしれないし、関わる人たちにもお金はかかってるだろうけどもそれでもかなりのお金は残るはず。
もしかするとマラソン代表のために使われてるかもしれないけど、それにしたって・・・」

「致し方ないとは言え怒りたい人の気持は判る。自分も当選していたら一応怒っただろう。」

「ずいぶん参加費って高いんですね。コストかかってるのはわかるけど半額くらいでも返金できないのかな?」

「ここまでの準備でお金がかかっているし、実際開催するのにもお金がかかるから、最初の契約で返金しないとなっているなら、仕方ないでしょう。」

「ただ、マラソンの場合、沿道のスタッフ、応援など結局多くの人が関わることになる。縮小を決めたのは英断かもしれないが、感染拡大防止というなら、中止にしないと意味をなさない。」

引用元:ヤフーコメントより

東京マラソンのエントリー規約では、該当の事項に当てはまる大会中止の理由以外での返金はなしと書かれています。

今大会は中止ではなく一般参加者が参加できないだけですよね。

規約には該当しないので返金なしということなのです。

それにしてもって感じですが。

世間の声でもあるように、エリート選手の参加のみで行われるので、当然応援する人が集まるでしょう。

そのことに関してはなんの発表もなされていないので、コロナウイルスの感染拡大の対策としては、中途半端と言われても仕方がありません。

応援する人はどのくらいいるのでしょうか。

大会側の意向に限らずコロナウイルスの影響を考えて行動するのがいいと思います。

 

まとめ

東京マラソン2020は、一般参加者中止で行われます。

一般参加者はすでに参加費を払っていますが、新型コロナウイルスの感染拡大を考えた対処に、返金理由が当てはまらないとして返金はなし。

参加予定だったランナーたちは複雑な心境を抱えています。

仕方がない事とはいえ、お金がもったいない。

また、大会自体が中止ではないので、新型コロナウイルス感染拡大の影響はまだありそうです。

 

スポンサーリンク

-新型コロナウイルス

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.