投稿日:

占い

天赦日と一粒万倍日の日!2020年は2回!どんないいことがあるの?

      
カレンダー
スポンサーリンク

2020年1月22日(水)。

今日はなんと天赦日(てんしゃにち)と一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)が重なるめちゃくちゃいい日。

2020年は2回しかない特別な日なんですよ〜。

もう一回は6月20日なので、ちょっと先ですね。

でも、天赦日と一粒万倍日ってなんで吉日なんて言われるのでしょうか。

ここでは、天赦日と一粒万倍日について、詳しく解説していきます。

これを知ればきっとなにか行動したくなるはずです。

今日は吉日!
いいことがあるかもしれない日なんですよ!
天赦日と一粒万倍日の意味を知って、より知識を深めましょう。

 

スポンサーリンク

天赦日と一粒万倍日の日…それってどんな日?

天赦日(てんしゃにち)とは、「天(神様)がどんなことでもゆるす日」という意味です。

神様がどんなことでもゆるすって、悪いことは含まれないので要注意ですよ〜。

じゃあどんな日?っていうのは、

なにか新しい物事をスタートすることに最もふさわしい日と言われているんです。

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)は、たった一粒の籾(もみ)から何倍にも膨らんで成長する稲穂という意味があります。

一粒が何倍にもなるって、とんでもないことですけどね(笑)

でもなんでそんな日があるのか、

また、どうやって天赦日と一粒万倍日という日が決まったのか気になりますよね。

それらの起源を探っていきましょう。

宝くじ買いに行こっかなー
当たるかもしれないね!

 

天赦日とは

2020年に天赦日は7回あります。

【1月】 22日(水)
【2月】 5日(水)
【4月】 5日(日)
【6月】 20日(土)
【9月】 2日(水)
【11月】  1日(日)・17日(火)

天赦日を決めるにあたって関係してくるものは、干支と季節(立春、立夏、立秋、立冬)。

これらを組み合わせたときにいい組み合わせに当たる日を天赦日と呼んでいます。

春は戊辰(つちのえとら)、夏は甲午(きのえうま)、秋は(戊申)、冬は甲子(きのえね)。

これらの組み合わせが最も良いということで、吉日とされているのです。

 

干支(えと)とは

干支って今年はねずみ年だよねってやつでしょ?

 

干支っていうのは、十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)のことをさします。

なので、「あの12種類の動物」は、十二支のことなんです。

十二支はよく聞きますが、十干ってあまり聞いたことないですよね。

解説していきます。

 

十干(じっかん)とは

十干は、中国から来た考え方の一つで、風水でよく聞く、陰陽五行説ってのが使われています。

ちょっと神秘的な名前ですが、十干は呼んで字のごとく、10個の干があります。

「甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き)」

これらの字はもともと、植物の育ち方を示したものです。

例えば、十干の最初の文字である甲は、種子が厚い皮をかぶっているところから、物事の始まりの意味を指しているとのこと。

そうやって他の文字にもそれぞ意味があります。

甲という字は、甲冑(かっちゅう)から取られたものです。

いろいろ意味があるんだね。

 

陰陽五行説とは

陰陽五行説は、古代中国からやってきた考え方。

世の中にあるあらゆるものは、全てこの考え方に当てはまります。

そして、この考え方から、相性を占ったり、自分が相手にどう影響しているか分析したりするのに使われることも。

特に風水では、インテリアの配置だったり、模様替えだったりするのに使われています。

「北の方向には、通帳とか印鑑とかそういったものを置くのは水の流れが関係しているから、よくありませんよ。」とか、

「トイレは金運と最も関係している場所だから、常に清潔を保ってください」とか。

すごくいろいろなことに応用して使われているものなんです。

財布は暗くて静かなところに置くと、金運が上がるんだって!

 

陰と陽について

それで、陰と陽は、正反対の2つものが調和することで自然の秩序が保たれるというもの。

例えば、「男と女」、「光と闇」、「昼と夜」など。

陽のほうが良くて陰のほうが悪いみたいはことを言う人がいますが、そうではなくて、どっちもバランスが大切。

陽だって強すぎるとバランスが崩れてうまくいかなくなるんですよ。

何事もバランスが大切なんだね。

 

五行説について

五行説は、「木(もく)・火(か)・土(ど)・金(ごん)・水(すい)」のことで、世の中にあるあらゆるものはこの5つのどこかに、あてはまるというもの。

それらがバランスを崩すと、良くないことが起こったり、世の中の秩序が乱れたりなんてことがあると考えられています。

ボクはどこに当てはまるのかな

 

天赦日はどんなことをするといい?

天赦日は上記でお伝えした理由で、最もいいことがある日として大事にされているのですが、「どんなこと」というところが引っかかりますよね。

具体的にどんなことをすると一番効果があるのかというと、

なにか新しいことをスタートさせる日としてふさわしい日と言われています。

なにか新しいことを始める時って、大抵の人は歳を重ねるほど躊躇してしまいますよね。

「あんなことがあったらどうしよう」

「失敗したらどうしよう」

って思うから挑戦するって難しいです。

だからこそ、天赦日は活用すべき日。

起業や転職といった仕事に関係することから、結婚や引っ越し、財布を新しく買い換えるなどの、良縁を呼び込みたいときにもいい日なんです。

今前に進もうか、このままでいようか、そんなふうに悩んでいる人は、天赦日をきっかけに飛び込んでみるのもいいと思います。

きっかけさえあれば人間前に進めること多いですからね。

今日は新しいチーズでもためしてみるか!

 

一粒万倍日とは

よく宝くじ売り場とかで見かける日ですが、一粒のたねから何倍にも増える意味を指す日です。

なので、お金関係と相性がいい日と言われています。

宝くじを買ったり、新しい財布を買ったりするのに、ふさわしい日ってことです。

なにか新しい物事を始めるのにも、いい日で、その一歩が後々大きな成果に繋がることもあるかもしれません。

一粒万倍日は、干支・十二直・六曜などの組み合わせで決まっています。

 

十二直とは

十二直(じゅうにちょく)は、十干と同じように12種類あります。

あまり聞いたことがない言葉ですが、占いで九星とか聞いたことある人多いでしょう。

ざっくりいうと十二直もそれと同じカテゴリーです。

北斗七星の動きからその日が吉なのか凶なのかを判断したものになります。

「建(たつ)・除(のぞく)・満(みつ)・平(たいら)・定(さだん)・執(とる)・破(やぶる)・危(あやぶ)・成(なる)・納(おさん)・開(ひらく)・閉(とじる)」

これにも意味があります。

例えば、建には、「あらゆるものをたてて生じる日」という意味があって、物事のスタートを切るのにふさわしい吉日と言われているそうです。

十二直は、直の字からよく当たる暦注として昔から信じられています。

その日にすると良いことや反対に避けたほうが良いことがあって、昔の人はそれに合わせて行事などの日取りを決めていました。

昔の人はよくいろいろ考えたものだ。

 

六曜とは

六曜(ろくよう)とは、カレンダーで見かける「先勝(せんしょう)・友引(ともびき)・先負(せんぷ)・仏滅(ぶつめつ)・大安(たいあん)・赤口(せきぐち)」のこと。

中国から伝わってきたもので、鎌倉時代に日本に普及しました。

第二次世界大戦後からはより広く伝わって、今でもカレンダーに記載されるほどになったとのことです。

六曜には大きく分けると2つの意味合いがあります。

それは、時間帯と縁起の良し悪し。

一日の中でも縁起の良い時間と悪い時間があり、その日の中でも、避けるべきことがあります。

なんだか小難しいですね。

また、これらひとつひとつにも意味があります。

例えば、先勝は、先回りして行動することがいい日とされ、午前は吉だけど、午後からは凶。

訴訟や勝負事にふさわしい日です。

時間によって吉や凶があるなんて、デリケートですよね。

大事なことがある日は、チェックしておきたいね。

 

 

2020年の一粒万倍日は

一粒万倍日は天赦日と違って一ヶ月に何回かあります。

【1月】 10(金)13(月・祝)22(水)25(土)
【2月】 3(月)4(火)9(日)16(日)21(金)28(金)
【3月】 4(水)7(土)12(木)19(木)24(火)31(火)
【4月】 6(月)15(水)18(土)27(月)30(木)
【5月】 12(火)13(水)24(日)25(月)
【6月】 5(金)7(日)8(月)19(金)20(土)
【7月】 2(木)14(火)17(金)26(日)29(水)
【8月】 7(金)8(土)13(木)20(木)25(火)
【9月】 1(火)6(日)9(水)14(月)21(月・祝)26(土)
【10月】  3(土)9(金)18(日)21(水)30(金)
【11月】  2(月)14(土)15(日)26(木)27(金)
【12月】  10(木)11(金)22(火)23(水)

知らないと過ぎてしまうようなことですが、こうやって今日はこんな日だから、新しいこと始めてみようとか、前を向いてみようとか、ポジティブに考えられると人生も前進していくのでしょう。

日本がなんとなく前に進めないような時代で、自分から歩いていかないといけないことはわかっていても、なんとなく周りに合わせてしまう。

けど、そんな自分がいいとは思っていない、みたいなことあるじゃないですか。

一歩を踏み出すことはすごく勇気がいることですけど、天赦日や一粒万倍日を使って前に進むというのも、いいのではないでしょうか。

挑戦するって大変だよね。心配事がつきまとうし…。
でもその分、得られるものって大きかったりするんだよね!

 

まとめ

2020年の天赦日と一粒万倍日についてお伝えしました。

2020年の天赦日と一粒万倍日が重なる日は、1月22日と6月20日です。

科学的な根拠はないわけですが、縁起がいい日があるとわかれば、新しいことに挑戦する勇気も自然と湧くというもの。

こんな時代だからこそ昔の人が信じて使ってきた占いみたいな暦注を、活用してみてはいかがでしょうか。

当たるも当たらないも本人の努力次第ですが、運を味方につけることも、実力の内とか言いますしね。

ぜひ、この日を活用してみてください。

 

 

スポンサーリンク

-占い

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.