更新日:

芸能

田中律子の移住理由とは!?旦那とは仮面夫婦?娘や沖縄の家について!!

      
スポンサーリンク

女優の田中律子さん(48歳)が沖縄へと移住を決めた理由が、話題を呼んでいます。

その内容は、サンゴの養殖をするためだとか。

最近は、さまざまな芸能人が、地方や東京以外の場所に拠点を置くようになりました。

子供にとっていい環境を与えたいと実家に近い場所で暮らすことを決める人や、東京ではない場所に自分の居心地がいいと感じる場所を見つける人。

また、生まれ故郷に恩返しをしたい、郷土愛を知ってもらいたいと、故郷に戻って新居を構える人など。

理由は人によって違いがありますが、田中律子さんが移住を決めた理由は何だったのでしょうか。

また、離婚した旦那さんとの関係や仮面夫婦という噂、娘、沖縄の家についてもまとめます。

それでは見ていきましょう。

 

こんな記事もあります。
天海祐希 ショートカットでドラマ出演!役に込める思いは?宝塚時代の伝説も

 

スポンサーリンク

田中律子の移住理由とは?


女優の田中律子さんが移住を決めたのは、沖縄

1月9日に放送された番組「直撃!シンソウ坂上」で、理由が明らかになりました。

田中律子さんが移住先に選んだのは、「恩納村(おんなそん)」。

沖縄本島の中部に位置する場所です。

空港からは車で50分程にあり、日本屈指のリゾート地でとても有名です。

中でも、恩納村は、世界一サンゴにやさしい村として宣言しているほど、サンゴの養殖や保全活動に力を入れている村として世界各地からも注目を集めています。

恩納村に移住を決めたのは、8年前。

15年続いた結婚生活が終わりを迎え、シングルマザーとして第二の人生を歩む場所を探していた時に、海への恩返しをしたいと沖縄に移住を決めたそうです。

離婚してすぐの移住への決断でしたが、娘さんは中学生でイギリスへ留学。

娘さんが高校生になるまでは離婚をしないと心に決めていたそうですが、その娘さんから背中を押されたのだとか。

親としては心強かったでしょう。

娘さんは東京で暮らし、田中律子さんは沖縄と、離れた場所で暮らすお二人ですが、友だちみたいな関係。

娘さんは親が近くにいないことで寂しい気持ちもあると思いますが、自立しているのですね。

離婚や子供の進路などバタバタしていた時期にあっても、沖縄へと移住を決めたのは、「サンゴの養殖」のためだったとか。

番組で恩納村を訪れた時に、サンゴの現状を知り、自分が力になりたいと決意

NPO法人アクアプラネットを設立し、サンゴ畑を作りました。

サンゴの養殖は簡単なことではないと思いますが、活動としては素晴らしいですよね。

現在サンゴの養殖に力を注ぐ田中律子さんは、このように語ったそうです。

「恩納村の字は、恩を納めると書く。わたしの中では海に恩を感じている。だから、サンゴを育てることで海に恩返しをしたい。」

離婚の後はお子さんの進路や自分の生き方で悩みも多かったと思いますが、その気持を恩返しに使うとは、すごい方ですよね。

そんな田中律子さんの移住の理由に、世間では驚きの声も挙がっています。

 

田中律子の移住理由に世間の反応は?

田中律子さんの行動に、世間ではいろいろな意見が交わされていますが、行動力には賛同の声が多く見られます。

第二の人生を幸せに送ってほしいと願う人も。

「離婚は残念ですが、その後の行動は素晴らしいことが多いですね。
心の持ち方で生き方も大きく変わることを証明してくれてると思います。
これからも笑顔が素敵な生活が長く続く事を、遠くから期待していたいと思います。」

「自分の場所を見つける事ができて羨ましいです。」

「しっかりしてる娘に育ったと思う。
ちゃんと親としての役割をはたした。
旦那も律子さんも一度の人生
これからは、自分のために生きて欲しい。」

沖縄ええな

「沖縄や石垣島って隠居した芸能人だらけだな」

引用元:ヤフーコメントより

離婚に対しては、残念といういう意見が見られます。

また、離婚して気持ちが落ちているにも関わらず、そんな状況でも自分の生き方を見つけることができるのは、素晴らしいと感嘆する声も。

しかし、沖縄に移り住む芸能人が増えたり、歳を取って沖縄に住むことを決める人が増えたりしている昨今、沖縄に馴染めずに帰る人も多くなっています。

田舎に拠点を置いて自給自足したり、農業をしたりすることが、憧れみたいな立ち位置になっていますが、現実はそんなに甘くはありません。

都会育ちしか経験していない人たちからすると、田舎は不便で窮屈に感じることもあるでしょう。

家を建てれば近所付き合いとかありますしね。

遊びに行くことと住むことは違うと意見している声もあります。

田中律子さんは移住して8年経つそうですが、ご近所さんや沖縄の文化には馴染めたのでしょうか。

 

田中律子移住の理由…旦那や仮面夫婦の噂、娘との関係は?

田中律子さんはトレンディドラマに数多く出演していましたが、今ではほとんどテレビでみることはありません。

しかし、今はサンゴの養殖をしているとのことで、そっちに専念しているのでしょう。

田中律子さんが移住をしたきっかけは、離婚ですが、何があったのでしょうか。

田中律子さんの旦那さんや仮面夫婦の噂、娘さんとの関係について調べました。

 

田中律子旦那や娘との関係は?

田中律子さんは、12歳でモデルデビュー。

16歳では、歌手としてもデビューを果たしました。

その後は、90年代を代表する数々のヒット作に出演し、2011年からは、ヨガインストラクターとして活動しています。

2012年まで結婚生活をしていたお相手は、杉本学さん(53歳)で、職業はカメラマン。

田中律子さんとは、CMの撮影で出会ったそうです。

結婚を発表した時には娘さんがお腹の中にいて、いわゆるできちゃった婚。

田中律子さんの方から旦那さんにアタックして、結婚までの道のりを駆け抜けました。

結婚した当初は幸せそうな笑みを浮かべていた田中律子さんですが、2012年2月に離婚

離婚の理由は、性格の不一致だと言われています。

人として尊敬できたり、愛情が湧いたりしても、性格が合わないと結婚生活を続けることは難しいですよね。

田中律子さんは旦那さんとの仲が上手くいかずに、結婚生活は仮面夫婦として過ごしていたという噂もあります。

現在娘さんは東京で、田中律子さんは沖縄。

離れていても友だちのような関係ということで、娘さんとの仲は順調そうです。

離婚を後押ししたのも娘さんで、よっぼど人として器が大きい人なのでしょう。

誰でも真似できるようなことではありませんよね。

 

田中律子旦那と仮面夫婦?

田中律子さんから旦那さんへ猛アピールして、結婚という形で恋愛のゴールをしたわけですが、離婚原因となった性格の不一致で、結婚して2年足らずで、ヒビが入っていたのだとか。

仮面夫婦だったという噂は本物らしく、田中律子さんの出産後旦那さんの態度が急変したそうです。

その性格の不一致の一つとして、田中律子さんはアウトドア派で、旦那さんはインドア派だったことが挙げられています。

よっぽど両極端な2人だったのでしょう。

氷山の一角にしかすぎないと思いますが、できちゃった婚ということもあり、お互いをしっかりと理解せずに突き進んでしまった若気の至りというやつなのでしょうか。

結婚生活の中で、家庭内別居もしていたそうです。

すぐに離婚しなかったのは、芸能人のイメージと娘さんがいたから。

やっぱり子供の存在は大きいですよね。

 

田中律子移住沖縄の家とは?

田中律子さんは沖縄へ移住するまでには大変なことが多かったと想像できますが、今は沖縄に建てた家で生活しています。

4階建での一軒家で、ヨガスタジオが併設されているそうです。

窓からは海が見え、1階は駐車場。

2階に海が見える景色のいいヨガスタジオ。

3階はリビングで、寝室は4階に。

4階建てとかめちゃくちゃ大豪邸ですよね。

海が見える家というのは憧れます。

若い時に相当稼いだのでしょうね。

羨ましい〜。

まとめ

田中律子さんが沖縄への移住のきっかけとなったのは、15年間の結婚生活にピリオドを打ったとき。

理由は、「サンゴの養殖」をして海に恩返しをしたかったからというものです。

娘さんの後押しがあったからこそ離婚へと踏み出せ、娘さんとは友だちのような関係だとか。

第二の人生を歩くことができるのも、娘さんが自立していたからですよね。

自慢の豪邸は4階建てで、ヨガスタジオも併設。

恩納村の海がすぐそばにあるようなところに建っているそうです。

世間の声としては、羨ましいや応援してるとの声がある一方で、沖縄へと移住することに対する警鐘を唱える人も。

いずれにしても、自分の道を見つけることができたのはとても素晴らしいことですよね。

サンゴの問題は昔からありますが、有名人が活動に参加するのは、いいことです。

ぜひ、続けていってもらえたらと思います。

スポンサーリンク

-芸能

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.