投稿日:

芸能

竹内由恵 失敗して報道フロア出禁に!?テレ朝退社の理由や現在について

      
スポンサーリンク

フリーアナウンサーの竹内由恵アナ(34歳)は、ある失敗が原因で報道フロア出禁になってしまった過去があるのだそう。

それは、読み間違い。

アナウンサーは読み間違いに厳しいイメージがありますが、出禁になるほどの失敗ってよっぽどですよね。

ここでは、テレ朝退社の理由や現在についてもまとめていきます。

それでは、ひとつひとつ見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

竹内由恵 失敗について

竹内由恵アナ(34歳)は2019年末にテレビ朝日を退社して、フリーアナウンサーとして活動しています。

テレ朝女子アナ時代には、とんでもない失敗をしてしまったのだとか。

それは、訃報を「とほう」と読んでしまったことです。

このことから、報道フロア出禁になってしまい仕事が激減。

それまでは定時のニュースを担当していたそうです。

これはかなりまずい失敗ですよね。

放送終了後は周りのスタッフも声をかけられない状態になってしまったそうで、未だに思い出しては反省しているといいます。

このミスがきっかけで1年以上ニュースを読ませてもらえなかったそうです。

相当落ち込んだことでしょう。

 

女子アナ新人時代はポンコツ?

竹内由恵アナは自身の女子アナ新人時代を「ポンコツ」だったと話しています。

失敗してしまう前から同期よりも怒られることが多かったそうです。

それについては、女子アナとしての自覚が足りなかったことが原因だとしています。

失敗をしてしまったのは、入社2年目。

竹内由恵アナといえばの『ミュージックステーション』は、1年目から担当していました。

あどけなさがめちゃくちゃありましたよね。

女子アナと言えば恋愛できないくらい忙しいイメージがありますし、実際売れている人はそうなのかもしれませんが、この時代の竹内由恵アナは暇を持て余していたんだそうです。

関連記事:人気女子アナの不倫背景が深刻?なぜなくならないのかについて調査!

結構意外ですよね。

報道フロア出禁になってから、あった仕事は『ミュージックステーション』くらいで、他のアナウンサーと自分を比較する日々が続いたそうです。

きっと焦っていたでしょうね。

 

失敗から学んだことは?

竹内由恵アナは待っていたり、焦っていたりしても始まらないと思い、自ら現場に足を運んだそうです。

現場に行けば取材ができるし、アピールにもつながるのではないかと考えたとか。

もともと負けず嫌いだと言っていましたが、こういう風に自分の性格を使えるといいですよね。

そのかいあって、いろいろなスポーツ番組に起用されるようになりました。

25歳のときには、『世界水泳上海2011』。

26歳は『ロンドンオリンピック』の現地キャスターに選出されています。

努力って実るんですね。

 

失敗を挽回するチャンス到来!

竹内由恵アナにとって、報道フロア出禁になってから挽回するチャンスをうかがっていたそうですが、29歳のときにそのチャンスが到来。

『スーパーJチャンネル』のメインキャスターです。

訃報をとほうと読んでしまった失敗から、なんと5年の月日が流れていました。

きっと誰よりも長いと感じる5年を過ごしてきたことでしょう。

メインキャスターに抜擢されてからも失敗を知っている人や、バラエティ・スポーツ番組しかやってこなかったことなどがあって、「大丈夫?」と言われていたのだとか。

竹内由恵アナってキャスターのイメージないですよね。

それを挽回するために現地に足を運んで取材を積極的にしていったそうです。

それから、報道フロア出禁事件をしっかりと胸に刻んで、自分の失敗がテレ朝に直結することを考えながら、キャスターをつとめたのだとか。

 

女子アナとしてプロの地位を確立

竹内由恵アナは幾度となく失敗を重ねてきたそうですが、32歳で『報道ステーション』の金曜メインキャスターに起用されました。

失敗したことを後悔して落ち込むだけでなく、バネにして頑張ってきた成果ですよね。

報道番組のメインキャスターに憧れを持っていたそうで、失敗したからこそ学ぶことがあってここまでたどり着けたと話しています。

 

テレ朝退社の理由と現在について

竹内由恵アナは昨年末にテレ朝を退社しています。

その理由は、局アナとしてやりきった気持ちがあったのと、結婚したいと思える運命の人に出会ったかららしいです。

そのため結婚とともにテレビ朝日を退社しています。

よくあるドラマのストーリーみたいですね。

一時はアナウンサーも引退になると思われましたが、現在はフリーアナウンサーとして活動しています。

旦那さんは静岡県内の病院につとめるお医者さんのようで、イケメンなんて噂も。

結婚を機に静岡県に移住していますが、旦那さんとの結婚生活は順風満帆そうです。

 

竹内由恵 失敗に世間は?

テレ朝を辞めてからアナウンサーとして復帰するのが早いことで驚いている人が多いようです。

また、女子アナとしての実力でいうと、ぱっとしないという人もたくさんいます。

ただ、これまでの失敗談からの学びに関してはすごいとの声や励まされたという人もいて、今はフリーアナウンサーとして微妙でも、未来がありそうだと思えてしまいますね。

それでは、世間の声を見てみましょう。

「竹内さんはどんどん仕事したらいいと思う。応援してます。」

「やはり結果を出している人は見えないところで努力されてますね。励みになりました。」

「たった一度の自分の人生思い切って挑戦するのもやり直しするのも有りですよね
頑張ってください」

「そもそも日本人はミス=悪、ミスは恥、ミスしたら罪悪感持って全身から申し訳なさそうなオーラ出すぐらいの認識を強迫観念レベルで日本の文化として小さい頃から刷り込まれてる」

「なんだかんだ成功している人は失敗と努力を重ねて成長してんだなぁと安心した」

引用元:ヤフーコメントより

日本人って失敗に敏感しすぎて嫌になるときありますよね。

失敗は当たり前でその後どうするかが肝心。

なのに、失敗したあとは落ち込んだ雰囲気を出さないといけませんし、ずっと言われますからね。

その部分は欧米化してほしいです。

失敗しないと反省できませんし、次のステップに行けないですからね。

 

竹内由恵 失敗のまとめ

フリーアナウンサーの竹内由恵アナ(34歳)は、テレ朝女子アナ時代に大きな失敗をしてしまったそうです。

それは、訃報を「とほう」と読み間違えてしまったこと。

それによって報道フロア出禁に。

痛恨のミスだけに周りもフォローできなかったそうですが、そこからいろいろなことを学んで、女子アナとしての自覚が確立されたそうです。

人は失敗が当たり前。

大事なのはそこからどんなことを学んで、次にどう活かすか。

当たり前なことだからこそ大事にしていきたいですね。

スポンサーリンク

-芸能

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.