投稿日:

占い

節分の日の風習について!豆まきや恵方巻きなどの由来!本当の意味について

      
スポンサーリンク

2020年2月3日。今日は節分の日です。

節分といえば豆まきや鬼退治、恵方巻きを食べる風習がありますが、なぜそんな風習があるか気になりますよね。

また、節分の日の由来などについても調査し、まとめました。

節分の日が意味するものを知り、1年を健康に過ごせるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

節分の日の風習について

節分といえば、鬼退治に豆まき、黙って恵方巻きをむしゃむしゃ…。

でもなんのためにそんなことをするのか、知っている人も少ないと思います。

ここでは、節分の日に行う豆まきや恵方巻きを食べる風習について、ご紹介。

 

豆まきの由来について

節分の日に豆まきをする風習は、古代中国から伝わってきました。

「追儺(ついな)」と呼ばれる邪気払いです。

桃の木でできた弓矢を射るのが始まりのようですが、それが豆に変わったのは日本に伝わった後の江戸時代。

それまでは、宮中で追儺を恒例の行事として行っていました。

豆まきは追儺の中の豆打ちが世間に広まったもの。

豆打ちから豆まきに名前が変わったのは、畑に豆をまくことが豊作を願掛けすることに繋がるからです。

昔の人は名前に縁起を担がせますよね。

 

追儺という邪気払いから豆まきの風習が来ているので、鬼を退治することは豆まきよりも前にあったものということがわかります。

日本人は、中国から伝わってきたものを広まりやすい形に変えるのが、得意ですね。

豆まきに煎った大豆を使うのは、「魔の目を射る」から来ています。

また、大豆には「穀霊(こくれい)」が宿るとされ、精霊が悪霊を払うのに一役買ってくれるそうです。

一粒一粒適当に扱えないですね。

 

煎った大豆で「鬼は外、福は内」をやって、1年の邪気をしっかりと払いましょう。

 

恵方巻きの由来について

節分の日といえば、恵方巻きですよね。

決まった方角に向かって一言も発さずにひたすら食べるこの風習は、もともと大阪が起源です。

恵方巻きの具材は縁起を担いで7種類の具材を入れるというのが、本来やるべきこと。

どんな具材を入れればいいのかは、特に決まりはないそうですが、おせちのような1つの具材に縁起があるものを入れ込んだほうが、良さそうですね。

具材の決まりはありませんが、抑えておかないといけない大事なポイントがあります。

それは、決して切って食べないこと。

ついつい食べづらいから切っちゃうんですよねー。

でも切って食べることは、縁を切ることに繋がってしまうそうです。

縁と縁を切るのはごめんですよね。

 

また、2020年の方角は、「西南西」です。

方角が決まっているのは、その年の年神様がその方向にいらっしゃって、何をするにも吉とされているから。

だから、願い事をするのですね。

 

恵方巻きに7種類の具材を入れて、しっかりと手に持ち、西南西を向きながら願掛けをする。

というのが一連の流れになります。

「今年もいいことがありますように。」

 

節分の日の本当の意味について

節分の日は、「季節を分ける」という意味で、立春の前の日をさします。

日本は春から季節が始まるので、つまり、1年の始まりということなんですね。

立春は毎年○日と厳密に決まっているわけではありません。

2月3日が節分というイメージがありますが、今年の立春は、実は、2月4日なのです。

 

1年には24個の季節があります。

例えば、春分や夏至、立冬などです。

どれも聞いたことがありますよね。

この24個の季節を「二十四節気(にじゅうしせっき)」と呼びますが、これは中国から伝わってきた暦のことです。

太陽の動きによって決まります。

冬至は、昼の長さが一番短い日で、反対に、夏至は、昼の長さが一番長い日です。

秋分と春分は、昼と夜の長さが同じ。

こうした昼と夜の長さによって、24個の区切りがあるのです。

 

それを示したのが、「黄経(おうけい)」。

各季節15°ずつずれていきます。

節分に関係してくるのは、立春です。

立春は、春の最初の季節という意味で、「立」に始まるという意味が込められています。

これも中国から来た言葉。

立春は太陽が黄経315°にある日なので、毎年何日が節分なのかは言えないということなのです。

 

節分の日が次の日から1年が始まるのであれば、節分の日が大みそかということになりますね。

2度目の大みそかを迎えるのはちょっと違和感がありますが、知ってしまった以上は大事な日として過ごしたいものです。

また、願掛けしないとー!

 

まとめ

節分とは、季節の変わり目で、立春の前日をさします。

つまり、立春以外にも、立夏立冬立秋があるので、節分は1年に4回あるのです。

この時期の節分が一番ポピュラーなのは、鬼退治や豆まき、恵方巻きを食べるからですよね。

その由来は、古代中国の「追儺(ついな)」と呼ばれる邪気祓いから来ています。

豆まきに煎った大豆を使うのは、大豆には悪霊を追い払う精霊がいることと魔の目を払うから。

2020年の恵方巻きの方向は、「西南西」。

7種類の具材をたっぷり入れた1本の太巻きを持ちながら、西南西を向いて願掛けしましょう。

きっといいことがありますよ。

 

スポンサーリンク

-占い

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.