投稿日:

芸能

佐藤二朗 素顔!アドリブは会社員時代に培われた?ドラマや映画での活躍の理由

      
スポンサーリンク

俳優の佐藤二朗さんの素顔に注目が集まっています。

それは、大学を卒業した後入社した会社を1日で辞めてしまったというものです。

また、冴え渡るアドリブ力は、会社員時代に培われたものだとか。

ドラマや映画で大活躍の佐藤二朗さんの素顔についてまとめていきます。

それでは、見ていきましょう。

関連記事:佐藤二朗 苦言をツイッターにアップ?出身地や大学は?本当の職業について

 

スポンサーリンク

佐藤二朗 素顔について

俳優の佐藤二朗さん(51歳)は、ドラマや映画で大活躍している有名な俳優さんですが、その素顔が話題にあがっています。

なんでも、大学を卒業した後に就職した会社を1日で辞めてしまった過去があるそう。

これにはびっくりですが、子供のときからの夢であった俳優という職業を忘れることができなかったことが理由だと話しています。

「俳優になる運命だと頑なに思っていたんです」

そこまで本気で目指すことができる夢を子供の時から持ち続けているって素敵ですよね。

ただ、職業として俳優をやっても食べていくことができるのか不安な気持ちがあり、大学を卒業してから就職をしたそう。

就職先はリクルート。

佐藤二朗さんはすぐに辞めてしまったことについて、過去の汚点と話していますが、それほど捨てがたい夢だったんですね。

今では有名すぎるほど名前がある佐藤二朗さんですが、諦めてしまわなくてよかったと思います。

夢があったとしてもそれで食べていかれないと思うと、追いかけることができずに諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。

佐藤二朗さんのような思いを持った人は、夢に向かってもう一度挑戦してみるというのもいいかもしれませんね。

お金の問題がクリアできればですが…。

 

佐藤二朗さんは子供のときから憧れていた俳優という職業に大学を卒業してからすぐになることはできませんでしたが、リクルートを退職したあとは、営業の仕事をやっていたそうです。

実家の愛知県に戻り見つけた仕事は、案外自分の性格にあっていたそう。

そのおかげか成績も良かったと話しているのです。

どこに自分の適職があるのかやってみないとわからないものですね。

営業の仕事では人の話を聞いたり、今ならイケると思った時にありがとうございますと言ってしまったり。

いろいろと勉強になったそうです。

営業先の人に合わせて自分のキャラクターを作り話を合わせる技術は、今の俳優につながっているんだとか。

佐藤二朗さんはドラマや映画でアドリブをぶちかますそうですが、こういった経験が活きているのかもしれません。

 

佐藤二朗 素顔に世間の声は?

佐藤二朗さんの素顔については、仕事を辞めて正解だったのではないかという声があります。

今も夢を追いかけずにサラリーマンとして仕事をしていたとしたら、こんなにおもしろい役者さんを見ることができなかったわけですからね。

俳優という職業を目指して良かったのではないでしょうか。

他の意見では、佐藤二朗さんにとって俳優は天職というものもあって、自他共に認めるといっても過言ではありません。

それでは、世間の声を少しだけご紹介します。

「リクルートを辞めて正解。天職役者じゃね この人。」

「今ではドはまりしている俳優さんです」

「大好きな俳優さん、役者さんです。」

引用元:ヤフーコメントより

佐藤二朗さんの演技は幅広く、ついつい見入ってしまうんですよね。

シリアスな場面や鬼気迫る演技には怖いなーと思いますが、ファンキーキャラやポップなキャラは他の俳優さんに変わることはできないと思います。

これからもさまざまな作品に出演し、お茶の間の目を奪ってしまう俳優さんでしょう。

 

佐藤二朗さんがリクルートに入社して1日で退職したきっかけとなったのは、配属された先の上司を見たことだったらしいです。

この人達とずっと仕事をするんだと思い、また、俳優は諦めるんだと実感したそう。

会社員として働いていて、好きな仕事をできない人はたくさんいると思いますが、研修先の場所に荷物を置いて実家に飛んで帰ってしまうなんで、普通の人には真似できません。

もともと持っているものが他の人と違うんじゃないかと思ってしまいますよね。

 

佐藤二朗 素顔のまとめ

俳優の佐藤二朗さんの素顔が話題に上がっています。

佐藤二朗さんは大学を卒業したあとに就職したリクルートを、入社から1日で退職した過去があるそうです。

配属された先の上司の様子や入社したことで実感した夢を諦めるという事実に耐えかねて、研修先の合宿所に荷物を残したまま実家の愛知県へと帰ってしまったんだとか。

大学にいるときは周りが就活しているので、自分だけやらないわけにはいかないですからね。

夢を追いかけるって言うほど簡単ではないと思いました。

また、佐藤二朗さんは子供のときから俳優になりたいと思っていたそうですが、それで食べていくことができないとの思いが強かったことから一時断念したそう。

夢で食べていけない社会ではありますが、それよりも夢を諦めてしまったときの代償は大きいかもしれません。

佐藤二朗さんのような思いをした人はたくさんいると思いますが、天職であれば夢で食べていくことも可能なのでしょうか。

続けるって大事なことですね。

スポンサーリンク

-芸能

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.