投稿日:

ニュース

さかなクン 指摘!国会で語った地球温暖化の影響とは?異例の帽子姿!

      

タレントでお魚博士のさかなクンが、12日、国会に登場。

イラストなどを使用して今起きている環境汚染などの対策について指摘。

地球温暖化の影響による海の生態系を説明しました。

異例の帽子姿に世間からは反響がありましたが、どのような説明をしたのでしょうか。

それでは詳しく見ていきます。

 

さかなクン 指摘…国会で語った地球温暖化の影響とは?

引用元:NHK NEWS WEB公式サイト

タレントのさかなクンが、12日に、「水産国際経済・外交に関する保護について」というテーマで国会に参加、参考人として意見を言いました。

トレードマークの帽子を被って国会に参加したさかなクンに対しては、さまざまな意見が飛び交っていますが、内容には政治家の方たちも納得してしまったでしょう。

さかなクンは、東京海洋大学の客員准教授ですが、今回出席したのは参院国際経済・外交に関する調査会。

環境に関係する分野での意見を、准教授として言ったということです。

意見を言うときには、自前のイラストを使って説明。

温暖化の影響が魚達に悪影響を及ぼしていると意見しました。

 

例えば、ウニ。

ウニは海藻を食べてしまうことから嫌煙されていますが、水温が上がったことによってもともと冬は食事をしなかったウニの食欲が増し、海藻を食べる量が増えているとしました。

海水の温度が上がったことはよく耳にしますが、こういったところにも影響があるのですね。

 

また、プラスチックのごみの問題では、プラスチックをウミガメやイルカなどが食べてしまう理由について言及しました。

それは、海に入るとプラスチックがクラゲに見えてしまうから食べてしまうというものです。

プラスチックを海に流出させないために対策を練って欲しいと、訴えました。

 

さかなクンは最後にこのような意見を言いました。

「日本は素晴らしいお魚大国だということを発信していきたい」

魚への愛情や、地球温暖化への懸念の想いがストレートに伝わってきますよね。

知識があるのでわかりやすいです。

政治家のみなさんも納得したのでないでしょうか。

プラスチックゴミに関しては、私たちも気を使うことができますよね。

自分たちが美味しく魚を食べることができるのも、きれいな海があってのこと。

大事にしていきたいですね。

 

さかなクン 指摘に世間は?

さかなクンの指摘には賛同する人や感心する人が多く、国会も変えてほしいと期待が寄せられています。

さかなクンみたいな政治家がいたら応援したくなりますよね。

政治家が適切な対応をして一刻も早く改善できるような対策が期待されているのです。

それでは、世間の声をどうぞ。

「さかなクン、国会を浄化してあげてください。」

「温暖化の原因は二酸化炭素ではないことは多くの科学者が指摘する通り。環境に大きく影響しているのは、太陽活動の弱化、ポールシフトの急変からみるマントルの流れの変化、地殻変動など人間には解決の手段の無い、地球レベルからすれば周期的な変動に由来すると思われる。今後更に変化し、人間が解決できる問題ではないことを前提に、どうするかの議論をしないと多くの人間が死ぬ時がきそうだ。」

「素晴らしいですほんとに。居眠りしてばっかりのエセ国会議員に見習って欲しい」

「ひとりのお魚を愛するものとしての言葉。国会答弁とは違い嘘偽りが1ミリもないことがよくわかります。」

「帽子はさておき、国会で「…ギョざいます」って、ブレないところが本物!」

引用元:ヤフーコメントより

さかなクンの真剣な姿や率直な意見に、世間では賞賛の声が多く寄せられているのです。

政治家のみなさんにさかなクンの姿勢を見習ってほしいというものもあります。

国会での答弁を聞いていると、たったひとつの質問をするのに長文がずらずら。

結局何を言いたいのかわからないみたいな感じがあります。

もっとスパンスパンとやっていってもらわないと、興味を持てませんよね。

形式だけの国会は、世間とのずれが大きくなっているのです。

 

さかなクン 指摘…異例の帽子姿は?

さかなクンが国会に帽子を被って参加したことが異例だと注目されましたが、世間からは服装よりも内容が大切だという声が多く寄せられています。

国会での帽子着用は本来認められておらず、品位を欠く行為の禁止に当てはまってしまうのですが、さかなクンの帽子は認められたのです。

あれは帽子というか体の一部だと思っていましたが。

さかなクンは国会に行く前にしっかりと確認をし、OKされたのでいつものスタイルで答弁へ。

さかなクンの実力があったことと、国としてもお魚博士として有名なさかなクンを、尊重したというところでしょうか。

 

まとめ

さかなクンが指摘したのは、地球温暖化が海の生態系に悪影響を与えていることです。

国会に登場し、いつもの魚帽子を被って参加。

フリップを使いながらの説明では、視聴者からも賞賛の声が寄せられています。

まっすぐに伝えられた意見には、多くの人が共感を示しているのです。

さかなクンの帽子姿は国会では異例となりましたが、実績や評判から特別に認められる形となりました。

さかなクンみたいな政治家が国会で答弁したら、もっと日本は良くなる気がしますよね。

 

-ニュース

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.