投稿日:

芸能

LiLiCo 思いは子供が欲しい?旦那や年齢や母親との関係について

      
スポンサーリンク

映画コメンテーターのLiLiCoさん(49歳)が、思いを語りました。

それは、子供がほしいということ。

旦那さんや年齢との兼ね合いもあると思いますが、これまで子供がほしいと思わなかった時期があるそう。

それには母親との関係があるそうですが、それぞれについてまとめていきます。

それでは、見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

LiLiCo 思い…子供が欲しい

https://www.instagram.com/p/B0YiGdspzUa/

映画コメンテーターのLiLiCoさん(49歳)は、純烈の小田井涼平さんと2018年に結婚しています。

結婚当時の年齢は、LiLiCoさんが46歳、小田井涼平さんが47歳でしたが、できることなら子供が欲しいと思っていたそうです。

周りからは2人で生きていくんでしょ、というスタンスが取られていることを感じ取っていたのだとか。

子供が生まれることについてLiLiCoさんはこのように話しています。

「子供が生まれることは、それだけで奇跡です。」

最近は晩婚化が進んで医療も発達。

子供が出来ない女性が進んで妊活したり、不妊治療したりすることも報道されています。

50歳で子供を産んだ人もいるのだとか。

そんな中で、LiLiCoさんもできれば子供がほしいと思っているのです。

一時期は諦めたこともあったそうですが、今の旦那さんとの出会いがLiLiCoさんの気持ちを変えました

 

LiLiCo 思い…旦那や年齢との関係は?

LiLiCoさんは旦那さんである小田井涼平さんが、子供を高い高いしている姿を思い浮かべたことが、子供が欲しいと感じたきっかけだと話しています。

30歳の時には一般男性と結婚していましたが、6年の結婚生活にピリオドを打っているのです。

それは、仕事を優先させたかったから。

「初婚の際には子供を持ちたいとは思わなかった」

と話しているLiLiCoさん。

小田井涼平さんと結婚して一緒にいる中で、本当の愛を育てています

そこから、子供が欲しいとの思いが湧き出したとか。

素敵なエピソードですよね。

本当に愛している人としか子供が欲しいと思わないなんて、小田井涼平さんが運命の人であったことを物語っています。

 

LiLiCo 思い…母親との関係は?

LiLiCoさんが子供を欲しいと感じたのは、小田井涼平さんとの結婚でしたが、それまでは神様にお願いするほど、子供がほしくなかったそうです。

それには、母親との関係に理由があります。

LiLiCoさんはお母さんから、

「あんたみたいな子供は私の子供じゃない」

と言われて育ったそうです。

お母さんがどのような人なのかはよくわかりませんが、なにか理由があったのでしょう。

それによって子供時代は自分のことを否定してしまったそうです。

お母さんから認めてもらえないのは、人生を生きる上で一番の障壁となります。

一番に認めてほしい人だからですね。

大変な幼少期を過ごされてきたんのですね。

そんな母親の姿を見て、自分にも母性がないのではないかと感じてしまいました。

今の生き生きとしたLiLiCoさんからは想像が付きません。

 

LiLiCo 思い…養子を考えている

LiLiCoさんは現在、発展途上国の子供の面倒を見ているそうです。

また、年齢のことがあるので、養子を迎え入れたいとも思っているそう。

妊活も諦めずに続けていて大好きなお酒を諦めたり、嫌いな野菜を進んで食べたりしています。

旦那さんの小田井涼平さんが忙しいことから、妊活は思ったように進まないこともあるそうですが、

「子供がいなくても十分に楽しめるんです」

と話しています。

子供ができなかった時は犬を飼おうとも思っているそうで、子供が欲しいけれど焦っても仕方がないと感じているそうです。

子供ができるまでのタイムリミットはあと少し。

普通の人であれば焦るだろうし、旦那さんとの関係もぎくしゃくしてしまいそうですが、いろいろな選択肢を取れるところが、苦労して生きてきたことを象徴していますよね。

今は幸せだけど子供がいたらもっとハッピーみたいな感覚。

LiLiCoさんと小田井涼平さんにしか分からない子供への思いがあるのでしょう。

子供を作るための妊活や2人で生きていくこと、犬を飼うこと、養子を迎えること、どの選択肢を取っても幸せだと感じることができるのは、人として精神的に成熟している証に感じます。

子供が出来たらそれはとても素敵なことですが、そうでなかったとしても2人は素敵な家庭を築いていくのでしょう。

 

LiLiCo 思いに世間は?

LiLiCoさんの子供への思いに世間からは、応援する声が多く寄せられています。

一方で高齢出産が大変なこと、高齢での育児の大変さを心配する声も。

子供ができたらゴールではない、それはそのとおりですよね。

その子が大人になるまで20年もありますから、その頃には、2人は70歳とかです。

若い時の頃とは勝手が違うことも増えてくるので、実際に体験した人からは大丈夫なの?という声が上がっているのでしょう。

それでは世間の声を見ていきます。

「大好きなお二人なので可愛いベビーが来てくれるように願っています。」

「凄く気持ちわかります。
私も同じです。」

「我が家は特別養子縁組した子、長期委託の里子の2人をそれぞれ新生児から育ててます。
不妊治療を諦めて、児相で里親登録して半年後に委託されました。
可愛い子供達が家族として暮らしていることに毎日感謝しかありません。
血の繋がりにこだわらないのなら、養子や里子はいい選択肢だと思います。」

「養子でも全然いい!虐待されて生きるより Lilikoさんの様なママが育ててくれたら幸せじゃん!日本も偏見少なくなってきてると思う」

「今は40歳でも50歳でも子どもが産めるのですね。子育ては体力、気力、忍耐力など相当なエネルギーを必要とします。」

引用元:ヤフーコメントより

2人の結婚生活が幸せそうなことから、養子で行った子供も、生まれてきた子供も、面倒見てもらう子供も、みんな幸せになると感じている人がたくさんいます。

小田井涼平さんは純烈の活動で忙しいとのことですが、子供がいればもっとがんばれますよね。

高齢出産はリスクがかなり高くなるし、難産になると思います。

しかし、LiLiCoさんは色々な情報を集めていると思いますし、小田井涼平さんも同じだと思うので、2人に子供ができることを心から祈ってしまいますね。

 

LiLiCo 思いのまとめ

映画コメンテーターのLiLiCoさんの思いが話題となっています。

それは、「子供が欲しい」というもの。

高齢出産になることから諦めている気持ちもあるそうで、ダメでもともとみたいな感じだと話しています。

そこから、養子をとったり、犬を飼ったりすることを考えているそうで、今は、発展途上国の子供の面倒を見ているのだとか。

一番は子供ができることだと思いますが、2人のラブラブぶりだけで、世間の人を幸せにするパワーがありますよね。

妊活や不妊治療で大変だと思いますが、諦めずに頑張っているお二人を応援しています。

 

スポンサーリンク

-芸能

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.