投稿日:

ニュース

オートハイビームにトラブル!?仕組みや設定、解除方法などについて

      
スポンサーリンク

最新の車には、安全性を高めるためにオートハイビームが導入されていますが、トラブルが発生しているとのニュースが入ってきました。

その内容は、オートハイビームの利用者が増えない理由は、それが迷惑だという声が多いからだそうです。

ここでは、オートハイビームのトラブルの原因や仕組み、解除方法などについてまとめます。

車を買う際に導入するべきかお悩み中の方は、ぜひ、ご参考にしてください。

 

こんな記事もありますよ。
カルロス・ゴーン現在は?現在地レバノンや保釈などの情報について!

 

スポンサーリンク

オートハイビームのトラブルとは

機能の問題が大きく、安心して利用できないとの声が多くあることが原因です。

当初は、安全な車にするというコンセプトで、新しい車に多く使われるようになりましたが、その機能に問題があります。

導入する車が増えている一方で、利用する人は少ないのです。

その理由は、以下の通り。

  • 対向車への反応が遅い
  • 歩行者や自転車への反応が悪い
  • LEDライトがヤバすぎる

機能上は反対車線を走行している車を判断して、自動的にロービームへとチェンジするはずが、反応が遅く対向車に喧嘩を売ることに。

反対車線を走っている車からのハイビームは、危険そのものです。

前方の視界が前が真っ白になって、目にライトの残像が残ると、対向車側としてはたまったものではありません。

しかし、自分の車が最新機能の車であれば、そんなことになるとは思いもしないでしょう。

運転する側は気づきにくいものですよね。

対向車からパッシングを何回も受けたり、クラクションを何度も鳴らされたりすれば、やむを得ず解除することも納得です。

歩行者や自転車も、走る車からのハイビームはヤバすぎます。

特に、天気の悪い雨や雪の日に、ハイビームで走ってくる車が目の前から走ってくれば、視界不良になりますし、危険です。

ただでさえ天気が悪く視界が最悪なのに、そんなことされたらうらみます…。

子供の場合であれば、そう考えているだけでゾッとしますよね。

LEDライトは車を運転する側であれば前方が遠くまで明るく照らされるので、安全性は高まりますし、暗くても安心して走行することができます。

しかし、ただでさえハイビームは眩しくて苛つくのに、そこへきてLEDライトなんてもので照らされたら、威嚇もしたくなるものですよね。

危ないですし、トラブルのもとですよ、本当に。

 

オートハイビームのトラブルに関して世間はどう思ってる?

オートハイビームに関しては、以下のようなコメントが寄せられています。

どのコメントも、反対派が多く、まだまだオート機能について改善の余地がありそうです。

システムとしては画期的ですが、トラブルや喧嘩に巻き込まれるのは嫌ですよね。

「最初は凄い機能だなと思って使ってみましたけど、対向車にしばらく照射してるの分かるし、実際に怒ってクラクション鳴らしたりパッシングしてくる人も居て、使わなくなりました。
メーカーはこの機能に欠点がある事を自覚しているんでしょうか?」

「バイクや自転車は検知されず、ずっとハイビームをあびせられる。こんな中途半端な機能ならいらん。馬鹿がこれに頼るとまさにトラブルの元、事故誘発の原因だ。メーカーよ、なんでも自動自動はやめろ。」

「この程度は自分でできないか?
オートライトも使ってみたいなと思って1度オプションつけたことあるけど結局自分でやればいいやって。
馬鹿の一つ覚えのように何でも自動にすれば良いってもんじゃないだろ。」

引用元:ヤフーコメントより

厳しい意見やオートハイビームが利用しにくいという声がやはり多いです。

また、煽り運転が頻発していることから、後続車へのハイビームに対する罰則もあった方がいいという意見も。

車の運転をする人は、自分のいいようにしたい気持ちが高まり、周りへの配慮が欠けることもあります。

煽り運転と同様に、ハイビームに関しても、日常から気をつけたいものです。

 

オートハイビームの仕組みとは

明かりが一切ない暗い道ではハイビームとなって周りを照らし、対向車や街灯などの明かりを車が検知すると、自動でロービームに切り替わるものです。

LEDライトをたくさん使っている車は、一部分だけのライトをロービームにする機能などのより優れているモデルもあります。

きっと高い車には常備されているのでしょうね。

そんな車にいつかは乗ってみたいものです(笑)

しかし、残念ながら対向車を察知する機能にはまだまだ改善の余地があり、対向車を検知する能力が低いのだとか。

そうなると、対向車はLEDで煌々と照らされた道を走らなければならず、それこそ危険です。

しかもその時間が1秒もあります。

1秒も眩しい光に照らされたら、怒りもマックスになりますし、煽り運転が頻発している今の世の中では、何があるかわかりません。

本当にトラブルの元ですよこの機能は。

評判が悪くて利用が増えないのもうなずけます。

結局、自分でロービームに切り替えなければいけないのであれば、オート機能は使えませんよね。

 

オートハイビームを解除するには

せっかく最新のシステムを導入したのに、それがトラブルになるのは避けたい所ですよね。

この機能は解除することができるので、対向車からクラクションを鳴らされたり、ハイビーム返しを頻繁にされることで悩んだりしている方は、解除することも考えておきましょう。

オートハイビームを解除する方法は、車種によって違いがあります。

該当の車の説明書を確認してください。

メーカーによっては、サイトに記載されている場合もあるので、ネットで検索してみるのもいいでしょう。

日産自動車では、解除方法を公式サイトで掲載しています。

引用元:日産自動車公式サイト

車の運転マナーについては、悪質な人が増えきたり、お年寄りが増えたりして、社会問題として取りあげるレベルにまで高くなっています。

ひとりひとりが気をつけることですが、車の運転免許を持った以上は、周りに配慮することを運転スキルのひとつとして、考えていきたいものです。

常に平常心で運転することは難しいですが、意識することで変わります。

運転スキルだけでなく、大人のマナーも問われているのかもしれません。

スポンサーリンク

-ニュース

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.