投稿日:

ニュース

おせち人気 今頃?高かったあの商品を今買ってお買い得気分に浸ろう!

      
おせち料理

今、おせちが人気だと話題になっています。

おせちなんて正月に食べるものだという意見がある方もいるでしょうし、今頃おせち?なんて疑問も。

それにはちゃんとした理由があるんです。

ここでは、おせち人気が今頃来ている理由やなぜ今買うとお得なのかについて、まとめていきます。

もしかすると、シーズン商品で高かったあれが安く買えちゃうかもです。

 

おせちが人気!今頃?その内容は?

今おせちやクリスマスケーキなどが、大幅に値下げされて買いやすくなっています。

それ目当てで買う人が多く、人気となっているのです。

賞味期限は大丈夫なの?と思う方もいるでしょうが、そこはなんなくクリアしています。

お正月におせちを買いたかったけれど、高くて買えなかったという人は、この機会をぜひ活用してください。

例えば、三重の重箱に、黒豆や数の子などのいわゆる「おせち」料理があったり、お正月に手に入れることが難しいいくらやカニなんかも。

食べたいけど高いと思っていたこれらのおせち料理が、今、なんと半額で手に入れることができます。

それにしても今頃おせちが人気とは、季節外れですよね。

2019年から2020年にかけての正月休み、長かった人もいるのではないでしょうか。

そう、それこそが理由なんです。

長い連休を利用して旅行に行く人が多く、家で過ごす人が予想よりもはるかに下回ってしまった。

つまり、家でおせちを食べる人が少なく、用意したおせち料理が余ってしまったということなんです。

それで、売れ残りが大量に発生し、今回のお買い得商品として売り出されているということになりました。

これは見逃せません。

このシーズン売れ残り品大放出は、おせち料理だけに限らず、クリスマスケーキもあるんです。

シュークリーム付きのチョコレートケーキ、しかも、クリスマスバーション。

また、プレートや豪華な飾りも。

クリスマスケーキもシーズン中は高く、このサイズでこんなにするの?って思った方もいるでしょう。

そんな方にもチャンスなんです。

しかし、クリスマスというと結構日付が経っていますよね?

安心してください。

このクリスマスケーキは、売れ残りではありません。

何かしらのトラブルによってお店に配送することができない場合を見込み、多めに用意したものらしいです。

つまり、新品同様。

お店に飾られることなく眠っていた予備のケーキ。

気になる賞味期限ですが、冷凍保存で180日ということなので、余裕ですね。

冷蔵保存だと賞味期限が短いですが、ケーキを作ったらすぐに冷凍することで、賞味期限を長く確保することができる仕組みとなっています。

クリスマスって書いてあるケーキを今食べるのはちょっと違和感ですが、豪華で贅沢なものを安く食べることができるのは、いい気分です。

このチャンスを逃す手はないですよね。

 

おせち人気 今頃?世間の声は?

売れ残った商品は廃棄されてしまいますが、食品廃棄については世界的に問題となっています。

世界の国の中では貧しくてご飯を食べることができない子供がたくさんいるのに、先進国では平気で食品を廃棄している。

これは由々しき事態ですよね。

こうした現状からも、できるだけ食品ロスを少なくするということは大切です。

買う方は安く買える、売る方は食品の廃棄を減らせる。

いい事ずくめではないでしょうか。

また、シーズン中に旅行に行っていて、おせち料理を堪能できなかった人や体調を崩してしまい楽しめなかった人にも、嬉しいサービスですよね。

目安を立てて製造するしか無いシーズン食品ですが、売れ残ってもさばくことができれば、企業にとってもいいことです。

サービス業の方で、シーズン中はずっとお店に立っていた方もいるでしょう。

時期が少しずれてしまっても、そのシーズンのものを食べることができるのは、ちょっとでも時期のものを堪能できるいいチャンスです。

それではみなさんの声を見てみましょう。

「食品ロスは今問題になってるので本当に良い取り組みですね!
コンビニやスーパーなども食品ロスが多いので、全て冷凍にしてしまえば良いのにと思うことがある。品質も重要ですが、やっぱり棄てられゆくものを見るのは悲しい。親族がやってるので特に心が痛くなる。人間が食べるために産まれた家畜たちや、大事に育てた野菜、お米のことを考えると。廃棄しないで例えば貧困の子供たちに食料がまわるようになればいいですよね。」

「年末年始はいろいろ食べすぎ飲み過ぎ、仕事せずのんびりしすぎで味がわからなくなる。
松の内を過ぎる今頃食べるの、新しいトレンドになりそう。みたらいいかもと思えてきた」

「今頃、クリスマスケーキやおせち等が販売される事に違和感を感じるのも無理はないとは言え、中身は問題なく食べられる物であるのは確かです。
食品ロス削減の見地から、かつての「販売するべき時期を逸したから廃棄する」ではなく、訳あり品として値引きをしてでも販売するのは素晴らしい取り組みだと感じます。」

「恵方巻きもなんとかロス減らせないかな
コンビニが売り出してから
食品ロスの代表みたいになってしまった。
細々と好きでやっている層もいるのだから
ロスばかりの悪の代名詞として塗り替わっていく風潮になんとか歯止めをかけてほしい。
この試みは冷蔵冷凍の違いはあれど
何かヒントにならないかな」

「最近早め早めの商戦ばかりで当日にはもう売場が撤去されてるイベントも多い中、ありがたいかもしれない。仕事の都合だったり体調だったりで、正月を正月らしく過ごせなかった人もいるでしょう。ちょっと遅れてもいいよね、が通じるのっていいなぁ~。」

引用元:ヤフーコメントより

シーズンが過ぎてしまったものを安く売ることに、みなさん好意的です。

また、他のシーズン商品についても、冷凍できないから廃棄が出るのはしょうがないけど、なんとかして食品ロスを減らせないかなと考えている人が多いことがわかります。

早めにシーズン商品を売り出すことは企業戦略としては大切ですが、その後のことまで考える企業が増えると、いい流れになっていくでしょう。

今回のことで終わらせずに、これから恵方巻きシーズンへと突入していくので、こうした取り組みが応用されるといいですよね。

ごはんものに冷凍は難しいですが…。

 

まとめ

今頃おせち人気が高まっているのは、大量の売れ残り商品を安くセールしているからです。

今回の年末年始は大型連休となり、家でおせちを堪能する人が少なかったことが理由のひとつ。

用意したものがたくさん売れ残ったため、廃棄するのではなく、安く売ることを決めたお店が多いそうです。

旅行や体調不良などにより、イベントを逃してしまった人はぜひ、検討してみましょう。

いい商品ほど早く無くなってしまいます。

買う側も食品ロスの観点からもいい取り組みなので、広がっていくといいですよね。

 

-ニュース

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.