投稿日:

ニュース

槇原敬之 逮捕!これまでにも逮捕歴が!執行猶予3年 求刑懲役1年6月とは?

      

歌手の槇原敬之さん(50歳)が、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されました。

今回が初犯ではなく、過去にも同じ罪で有罪判決を受けている逮捕歴があります。

当時は、執行猶予3年求刑懲役1年6月との判決が出たのですが、その意味なども含めてまとめました。

それでは見ていきましょう。

 

槇原敬之 逮捕

歌手の槇原敬之さん(50歳)が、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されました。

同じ罪で1999年8月にも覚せい剤を所持していたことで捕まった逮捕歴があります。

今回が2度目ということで、世間が受けた衝撃も大きなものとなっているのです。

再犯になるので罪も重くなりますし、その後の社会復帰は非常に危ぶまれるものがあります。

反省するとの声明を発表していましたが、覚せい剤の誘惑を断ち切ることができなかったのですね。

怖い薬だと思います。

槇原敬之さんは0.083gの覚せい剤を所持していた疑いがもたれています。

13日16時過ぎに渋谷区にある槇原敬之さんの自宅で逮捕となりましたが、過去にも使用の疑惑が持たれていたので警察もはっていたのでしょう。

2018年には、槇原敬之さんの個人事務所の元社長が薬物使用の疑いで逮捕・起訴されています。

関連がないわけないですよね。

 

槇原敬之 逮捕歴…執行猶予3年 求刑懲役1年6月とは?

槇原敬之さんは1999年にも逮捕されていますが、そのときは執行猶予3年の求刑懲役1年6月という判決が下されていました。

執行猶予が付くということは、すぐに刑務所に入らなくてもいいということです。

この場合であれば、3年間はなにもなければ刑務所に入る必要がなく、覚せい剤を使ったりした場合は、1年6ヶ月刑務所行きとなります。

このときの裁判官は、

「裁判を通して反省している」

として、

「ファンのためにも、必ず立ち直ってもらいたい」

と激励していました。

必ず薬から立ち直ってくれるだろうと信じた判決でしたが、裏切られる結果となってしまいましたね。

 

判決後に槇原敬之さんはこのように話していました。

「今後は、絶対にこの様な事を起こさないことを、堅くお約束いたします」

覚せい剤の再犯率はとても高く、手を出したら抜けることができないと言われている薬物です。

他の芸能人などが覚せい剤や他の薬物で逮捕されたときには、よく槇原敬之さんもやっている芸能人として名前が上がっていましたが、過去のことではなく現在も続いていたのですね。

悲しいニュースとなってしまいましたが、世間ではどのような意見が交わされているのでしょうか。

 

槇原敬之 逮捕…今後は?

槇原敬之さんの逮捕は今回が2回目ですが、執行猶予がつく可能性が高いと言われています。

それは、初犯から20年以上経過していることや所持していた覚醒剤のグラム数、他の事件との関連からです。

もし大量の薬物が見つかったりすれば罪も重くなりますが、そのようなことが無い限りは、執行猶予がつく刑が執行されるとの見方が強いのです。

 

槇原敬之 逮捕に世間は?

前回の逮捕直後には、CDの販売が停止される事態になりましたが、その時のことを覚えているファンからは、嘆きの声が寄せられています。

また、薬物依存の恐ろしさにも言及している人が多く、覚せい剤の威力に驚きの声もあるのです。

それでは、見ていきましょう。

「結局やめれないって事を証明してくれました」

「やっぱりね。再犯だし。これからも離脱にもがき苦しみながら歳を重ね、犯歴を積んで行くんだろうか。本当に覚醒剤はこわい。」

「前回とは業界の環境が違ってきてるからな。

さあ、逃げ切れるかな。」

「なんと言っていいのか……。

覚醒剤になんて頼らずとも素晴らしい才能を発揮できるはずなのになぁ。

残念でならない。」

「清原、槇原、ピエール瀧、沢尻エリカ、そうそうたるメンバーですね、お金を持ってると手を出してみたくなるのかなぁ、まだまだ疑惑を持って狙われてる有名人たくさんいるんですよね、次は誰なんでしょうか」

引用元:ヤフーコメントより

近年薬物で逮捕される芸能人が後をたちません。

それだけ依存性があるものなのに、ついつい手を出してやめれなくなってしまうということが、起こっているのです。

清原和博さんも、薬物依存の恐怖に後悔していると話していたことがありますが、興味本位でやったが最後なんですね。

お金がある芸能人ほどすぐに出てしまうというのが、広まる原因でもあります。

お金がなければ買えないですからね。

 

槇原敬之逮捕のまとめ

歌手の槇原敬之さんが覚せい剤を所持していた疑いで逮捕、世間に衝撃が走っています。

しかし、覚せい剤の依存性や芸能人の相次ぐ逮捕に、またかといった思いを抱く人もいて、残念だというコメントが多く見受けられます。

槇原敬之さんは1999年にも同じ罪で逮捕されていますが、執行猶予付きの刑で済んでいるので、今回も似たような判決となるかもしれません。

しかし、同じ事務所の元社長が逮捕・起訴されていることから、関連は明らかで、もし今以上の覚せい剤を持っていたり、大きな罪を犯していると判明すれば、すぐに刑務所行きとなります。

反省すると言っていたのですが、覚せい剤からは逃げ切れなかったようですね。

本当に怖い薬物です。

 

-ニュース

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.