更新日:

芸能

倉科カナの変化…30代になったから分かる心境や弟、妹、兄弟との関係は?

      
スポンサーリンク

女優の倉科カナさん(32歳)が、30代になったことで変化した心境について語りました。

その内容は、「誰かと一緒じゃないとダメ」という概念をなくしていきたいというもの。

30代になったからこそ人に伝えられるものがあると考え、それを演技に活かしているとのことです。

これからも活躍する場を広げる倉科カナさんが30代になったからこそ分かる心境や、家族である弟や妹との関係について、まとめます。

それでは見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

倉科カナの変化…心境とは?

女優の倉科カナさんが、舞台「お勢、断行」で初の主役に挑戦。

インタビューで語った30代になったからわかる心境や仕事に対する思いなどが、話題をよんでいます。

舞台という場所は、「芝居の楽しさを思い出させてくれる場所」とコメントしていますが、初主役が決まってからプレッシャーがすごかったのだとか。

自分がリーダータイプではないと思い重荷に感じたこともありますが、失敗しながらでも前に進もうと決めて、今は伸び伸びやっていきたいと感じているそうです。

舞台の良さは、演技を体感できるところ。

映像と違って生の演技独特の世界観や化学反応が起きるので、他の俳優さんの苦悩や壁を乗り越える姿を間近に感じられるところに魅力があると話しています。

稽古の期間が長いことから、舞台で演じるための脚本について、みんなで共有することで孤独感を忘れることができるそうです。

20代の倉科カナさんは元気なイメージの役柄が多く、かわいらしいという言葉が似合う俳優さんでしたが、今回の舞台は悪女を演じます。

30代になったことで変化した仕事に対する心境は、「休みを大切にする」こと。

20代はがむしゃらに仕事に走り、無我夢中だったそうです。

しかし、30代になって走り続けることに限界を感じました。

そうなったときに、積極的に休むことを考えたそうです。

舞台だけでなく、映画やドラマなどにも多数出演する中で、休みを取ることは難しいと思いますが、それについてもこのようにコメントしています。

「30代、そして40代を考えると、ここからは外見だけでなく内面の成長が伴わないと、どんな役を演じても中身がスカスカなのは見破られてしまいます。」

仕事を追いかけることを大切にしつつも、こなすのではなく、一つ一つの役にじっくりと向き合いたいということなのかもしれませんね。

20代は自分のことばかりしか考えられない年代ですが、20代を走りきると、倉科カナさんのように1回止まって自分を見つめ直す30代を迎えることができるのでしょう。

そんな倉科カナさんですが、30代になったからといって楽に感じることはなく、それでも少しずつ前に進んでいくことを大切にしています。

自問自答を繰り返して今を楽しもうという心境だそうです。

今では、一人でハワイに行くこともあるのだとか。

友人からは「普通は一人で行かないところだよね」と突っ込まれたそうですが、そういった当たり前の発想も捨てていきたいと語っています。

20代から30代に向かって変化している倉科カナさんを世間はどう見ているのでしょうか。

 

倉科カナの変化に世間は?

1人◯◯はもはや鉄板。

一時期はかわいそうと言われることもありましたが、生き方の多様化を世間が認める時代になっています。

特に女優さんやモデルさんなどの芸能人では、1人◯◯について話が上がることがありますよね。

1人で海外に行く人や寿司屋、居酒屋と今では幅も広がっています。

人といることは楽しいですが、気を使ったり、合わせたりしなければならず、窮屈に感じることもあるでしょう。

ストレス社会と言われる中で、1人で好きなことをやることでストレスと上手に付き合って行こうとする人が増えているのかもしれません。

倉科カナの30代になった変化に世間はこのように感じています。

「全然ダメじゃない、むしろ行動力があって素晴らしい。
誰かと一緒だと時々気を使うこともあるし。」

「私も独身時代は国内ですが、一人旅をよくしていました。この記事を読んで海外にも行けばよかったと思いました。
子どもが手を離れたら一人で海外に行ってみよう。それまでに英語も話せるようにチャレンジしよう!」

「20代は東南アジアを一人旅よくしていました。「寂しいやつだな」といわれること有りましたが、一人でないと行けないところもあるし全然有りだと思います。」

「旅行は相当お互いに気持ちが通じる人じゃないと楽しくなれない。
だから海外は特に1人で行きますよ。
気楽に自分のペースで生活できますからね。」

「1人で行動するほうが断然楽だし、楽しいですね。30代過ぎると友達もそれぞれ抱えているものが違いすぎて簡単には会ったりできないし。ましてや経済力が違うと旅行に行くのもどちらかに合わせてってなると難しい。だったら1人で好きに行動するほうが楽しいです。ハワイに1人で行けるってかっこいいし、あこがれます。」

引用元:ヤフーコメントより

30代になった倉科カナさんの考え方や生き方に、憧れや尊敬を抱く人が多いようです。

周りからどんなことを言われても、自分がしたいと思うことができる人は多くはありません。

自分を押し殺して我慢をしてしまう人が大半だと思いますが、倉科カナさんのように自分が必要なものをしっかりと実行することができる人を、すごいと感じるのでしょう。

 

倉科カナに変化…弟、妹、兄弟との関係は?

倉科カナさんには、5人の兄弟がいます。

妹さんは、橘のぞみさんで、職業は女優さんです。

この方もきれいな女優さんですよね。

過去には、デスノートに出演していました。

倉科カナさんは兄弟の中で一番上です。

その下に、妹さんが3人、弟が1人という構成。

弟さんとは18歳も歳が離れているそうで、仲がとてもいいのだとか。

それに女だらけの中に男の子1人ならば、かわいくないわけがありません。

忙しい中でも家族に会って、リフレッシュしていることも過去に話しており、ブログでは家族のことについても触れているので、仲がいいことが伺えます。

これから活動の場を広げて、いろいろな役を演じてみたいと話していましたが、どんな演技を見せてくれるのか楽しみですよね。

スポンサーリンク

-芸能

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.