投稿日:

新型コロナウイルス

国立感染症研究所 異例?報道と事実に誤認が発覚!PCR検査数について

      
スポンサーリンク

新型コロナの感染拡大の影響で、さまざまな報道がされる中、国立感染症研究所が異例の声明を発表しました。

それは、「感染者数を少なく見せかけようとしているもの」について、事実誤認があるとのこと。

PCR検査数を抑えることによって、感染者の数を偽って公表しているのではないかと考えた報道について、事実とは違うことを伝えました。

これまでにない異常事態に日本は混乱を生じているのですが、報道機関について国立感染症研究所が言及したのは異例とのことです。

よっぽど事実とは違った形で伝わってしまったのでしょう。

それでは、見ていきます。

 

スポンサーリンク

国立感染症研究所 異例

3月1日に国立感染症研究所の所長である脇田隆字(わきたたかじ)氏が、報道に一部誤認があるとの声明を発表しました。

それは、感染者数を抑えるためにわざとPCR検査をしないようにしているのではないかといった報道に対して、

「患者さんに対して国立感染症研究所の職員が直接、PCR検査を受けるべきではないとの発言は一切していない」

とのことです。

これは、大きな誤認となりましたね。

 

国立感染症研究所 異例…報道内容

国立感染症研究所が異例の声明を発表したのは、報道内容に一部誤認があったからです。

その報道とは、

  • 検査をさせないようにしている
  • PCR検査は特定の人しかできない
  • 重傷者が優先

これについて国立感染症研究所は事実とは違うことを発表したのです。

本当であれば大きな問題でしたが、受け取り方がまずかったのか、わざとそうやって報道したのかわかりませんが、とりあえずそういった報道が事実とは違うことが判明しました。

 

国立感染症研究所 異例…内部調査

国立感染症研究所の所長脇田隆字氏は、内部調査をしたそうです。

職員から話を聞いた結果、感染者の範囲を調査していることや軽症であっても濃厚感染者であれば検査を受けるべき、感染者との接触歴がないのであれば、検査の優先度が下がるなどのアドバイスを行っていたことがわかりました。

これは、特定の人にのみPCR検査が必要で、それによって感染者数のデータを操ろうとしているとした、報道とは違うことを表しています。

このようになってしまった経緯については、違う意味で捉えたことによる事実誤認が広がってしまったと、所長は表明しているのです。

事実を捻じ曲げるようなことはないと信じたいところですが、感染症に関してはもっと慎重に情報を扱わないといけませんね。

また、検査に協力している人に対しては、感謝の意を示すとともに、報道関係者に対しては、

「新型コロナウイルス感染症の急速な感染拡大の防止にご協力くださるよう、お願いいたします。」

としています。

 

国立感染症研究所の異例の声明に世間はどう見る?

報道に事実誤認があったことに対して、世間では、特別な権利が与えられているのだから、真実を報道してほしいとの意見が多くあります。

なんのための報道機関なのかを問う声も。

ネットでデマが流されたこともあり、新型コロナの第二次被害?が深刻化しています。

早く情報が回ってくることはありがたいですが、事実ではない部分は広めないでいただきたいですね。

それでは、世間の声をどうぞ。

一方的に情報が流れてしまっているのが原因でしょう。

専門家がてんでバラバラ。

色々な場所から発信することはいいことなのかもしれませんが、それで国民が混乱するのであればもう少し考えるべきです。

情報を発信する側にももちろん責任はありますが、受け取る側の私たちがどんな情報を選択するのか考えなければならない時代に来ているのでしょう。

テレビで発せられることがすべて正しいとは言い切れないだけに、一体何を信じたらいいのかわからなくなってしまいますね。

大変な世の中になってしまいました。

 

国立感染症研究所 異例のまとめ

国立感染症研究所の所長が異例の声明を発表しました。

それは、一部報道機関によって、事実とは違う事柄が世の中に出回っているということ。

感染者数を増やさないために検査を受けさせないようにしていることや、症状によって検査が受けられない人がいるなどです。

情報が錯綜していますが、どの情報を信じたらいいのかよりわからなくなってしまいますね。

これから1週間ほどで新型コロナのピークを迎えるとのことですが、卒業式を受けることができない子どもたちのためにも、早く収束してもらいたいです。

感染していない人はマスクする必要がないとWHOから指針が出ましたが、自分の身は自分で守る世の中ですから、気をつけるに越したことはないですね。

ただ、買い占めに走るのはどうかと思いますが。

スポンサーリンク

-新型コロナウイルス

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.