更新日:

スポーツ

甲斐野央 変顔ショットにファン驚き!インスタやイケメン画像を調査!

      
スポンサーリンク

ソフトバンクの森唯斗選手が23日あげたインスタ。

そこにはファンも驚きの甲斐野央投手の変顔が…。

ファンからはさまざまなコメントが寄せられています。

そこで、インスタ画像を調査しまとめました。

また、甲斐野央投手といえば球界きってのイケメン選手。

そんな甲斐野央選手の画像も集めたので、ご覧ください。

 

スポンサーリンク

甲斐野央 変顔ショットにファンも驚き…どんな写真?

問題のインスタがこちら。

これは笑えますね。

森唯斗選手は、甲斐野央選手がやばいことになっている変顔を投稿。

普段は見ることができない選手の姿に、ファンからはいろいろなコメントが寄せられています。

「かわいいー」

「まって最高すぎ」

「面白い」

昨シーズン甲斐野央選手は新人ながら大活躍し、チームを日本一に押し上げました。

侍ジャパンにも選出された選手のオフショットですから、ファンにはたまらないのではないでしょうか。

また、チーム内の仲の良さも写真から伝わってきますよね。

ほっこりするような話題です。

 

甲斐野央 変顔ショットに世間の反応は?

このショットには思わず笑ってしまった人が多いようです。

今シリーズも頑張ってと応援する声も多数寄せられており、期待が高まっています。

トレーニングが大変だったり、調整がきつかったりと、素人には想像できないプロの世界ですが、その中でもリラックスできるのは、大切なことです。

チームの雰囲気の良さや、甲斐野央選手の人柄に、ファンの数も増えていきそうですね。

他のチームを応援している方も、甲斐野央投手がいいという人もいて、チームを飛び越えた人気を獲得していることがわかります。

なにかと暗いニュースが飛び交っている現状ですが、そんな中にこそ心が温まるような姿を見ることができて、嬉しいという声も。

「元気でたわ、仕事がんばろ」

「ライオンズファンだが、甲斐野ファンです。」

「ホークスの雰囲気がとてもいい証拠。
先輩にはイジられ、後輩には尊敬され、ファンには愛される、なかなか稀な選手。」

引用元:ヤフーコメントより

プロ野球選手は、成績がすべての厳しい世界です。

野球に打ち込むだけではなく、ファンとの交流や野球を広める活動、スポンサー契約などやらなければならないことが山ほどあります。

成績が落ちれば交代する選手は後ろに何百人と控えていますし、人気が出ても継続することが難しい、非常に厳しい世界。

そんなプレッシャーを生き抜く選手には、一時でもホッとできる瞬間があると、見ている側としてはうれしいです。

トレーニングや練習、試合、頑張ってほしいですね。

 

甲斐野央 変顔ショットだけじゃない!イケメン画像も!

甲斐野央選手は、侍ジャパンに招集された実力も兼ね備えた選手です。

1996年生まれの23歳。

出身は兵庫県です。

右投げ左打ちの投手で、プロ入りは2018年。

ドラフト1位で球界入りを果たしました。

福岡ソフトバンクホークスで活躍中です。

そんな甲斐野央選手ですが、イケメンということもあり、チームに限定されず多くのファンから定評があります。

そこで、甲斐野央選手を知らない方のためにも、画像を調査しました。

 

甲斐野央 どんな選手?

甲斐野央選手が野球を始めたのは、少年野球のコーチをしているお父さんの影響らしいです。

始めたのは、小学校3年生のとき。

黒田庄少年野球団でピッチャーをやっていました。

中学では3年生の時に、Kボール全国秋季大会で兵庫県選抜として出場。

チームを優勝に導きました。

Kボールとは、ボールの名前で、中学生が使用するボール。

高校生になると硬式ボールを使った野球ができるようになるのですが、そこにスムーズに移行するために開発されたボールらしいです。

日本は、野球に力を入れている国ということがわかりますね。

 

甲斐野央…高校時代

高校時代は甲子園に出ることは叶わなかったようですが、阪神タイガースや他球団から注目されており、ピッチャーとしての実力を高く買われていました。

高校は、東洋大学附属姫路高等学校。

 

甲斐野央…大学時代

甲斐野央選手は、高校を出てプロになることはせずに、東洋大学に進学しています。

それまではピッチャーだけではなかったようですが、大学進学を機会に、ピッチャーとして専念。

2年のときにはストレートの球速が、150km/hに達しました。

東洋大学在学中の成績は、8勝4敗。

その他にも、数々の成績を残し、「東洋大三羽烏」と呼ばれドラフト指名1位に。

 

甲斐野央…プロ入り

年俸は1500万円、契約金が1億円。

背番号は20。

2019年に開幕1軍入りを果たし、3月29日埼玉西武ライオンズで公式戦デビュー。

チームは勝利し、新人投手の中で一番手で初勝利をあげました。

その後は、8回を中心に登板し、4月25日のオリックス・バファローズ線で、新人投手で連続無失点試合数を記録。

13試合にまで伸ばしました。

これからも活躍が期待できる選手。

どんな記録を打ち出すか楽しみですね。

 

スポンサーリンク

-スポーツ

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.