投稿日:

ペット

犬のチョコ誤飲に注意!バレンタインシーズンに気をつけたいことは?

      
スポンサーリンク

バレタインが近づいて来ましたが、犬のチョコ誤飲には注意が必要です。

手作り中やもらったものを机の上に置いといたら、愛犬がごっくんなんてことありますよね。

その後は大変なことが起こり、症状が重くなるケースも珍しくありません。

それでは、どんなことに気をつけたらいいのか、見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

犬 チョコ誤飲注意…その内容は?

バレンタインシーズンは、犬のチョコ誤飲率が高まるそうで、愛犬を飼っている方は注意とのことです。

犬には食欲に対する関心が強く、食べてはいけないものを誤って口にするケースが多くなっています。

食卓を一緒に囲む方は特に用心しましょう。

チョコに限らず食べてはいけないものを口にして、中毒を起こしやすいタイプの犬がいます。

それは、まだ若かったり、体が小さかったり、食に関心があったり。

何度も誤飲の繰り返す犬は特に、中毒症状へと悪化してしまうケースが多いのだそうです。

当てはまるワンちゃんには、目を配るようにしましょう。

 

犬がチョコを食べるとどうなる?

犬がチョコを食べて中毒になってしまうのは、テオブロミンという成分が関係しています。

テオブロミンとは、タバコやコーヒーなどに含まれるカフェインと似た成分です。

犬にとってこの成分が有害で、体の中に取り込んだときに分解できません。

また、排出も困難なことから、中毒症状へと発展してしまいます。

気をつけないといけませんね。

犬がチョコを食べて中毒になったときは、下痢や嘔吐、痙攣などの症状が起こります。

おしっこに行く回数が増えたり、ぐったりすることもあるので、このような症状が見られた時は、すぐに病院へ連れていきましょう。

犬が大量にチョコを食べてしまうと、最悪の場合死に至ることもあるそうなので、バレンタインシーズンは特に気をつけたいです。

 

犬が薬を食べるとどうなる?

犬が誤飲するのは食べ物だけに限りません。

風邪薬や鎮痛剤も多いです。

冬は特に、風邪を引いたり、熱が出たりして薬を飲むことが多くなりますが、机の上に出しっぱなしにしてしまうこともあるでしょう。

それを犬が誤飲してしまうと、腎臓や肝臓に支障をきたす場合があります。

特に、子供用の風邪薬は甘い成分が外側にもコーティングしてあるので、犬が誤飲しやすいです。

机の上に置いてあったお薬がなくなってしまった時は、犬が誤飲したかもと思ったほうがいいかもしれません。

 

犬のチョコ誤飲注意に世間は?

犬を飼っている人の中には、経験がある人も多く、愛犬が急に倒れてしまって焦ったという人も。

家にいるときや散歩のときに気づけばいいのですが、家に帰ったらいつもと様子が違うことに気づいたなんてときは、手遅れになってしまうこともあるので、気をつけましょう。

ツイッターではこんな投稿があります。

チョコだけではなく、おもちゃや服のタグを噛みちぎるなんてことが、結構ありますよね。

すぐに排泄できれば問題ありませんが、体の中にとどまってしまうこともあるのです。

人間が気をつけることで避けられる事故は大いにしてあるので、身の回りに犬が食べてはいけないものを置いておかないようにしましょう。

犬を飼ったら整理整頓が欠かせませんね。

 

まとめ

犬のチョコ誤飲が中毒症状を引き起こすことで、バレンタインシーズンということもあり、注目が高まっています。

チョコ作りに夢中になったり、置いたものを忘れていたりすると、愛犬が近づいてきてパクリなんてこともあるので、注意しましょう。

もし、食べてしまったら、チョコの成分がわかる箱や包みをもって病院へ直行してください。

また、冬は風邪やインフルエンザが流行する季節でもあります。

喉がイガイガするから出かける前に飲もうといって飲んだ薬の箱、リビングの机の上に置きっぱなしなんてことありませんか。

甘い匂いのする薬は特にお菓子と間違えて誤飲する犬が多いです。

しっかりと片付けましょう。

愛犬を大切に想うなら、部屋の片付けは必須ですね。

 

スポンサーリンク

-ペット

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.