投稿日:

スポーツ

ダルビッシュ有 体調不良 原因は?ツイッターやユーチューブで明かした件について

      
スポンサーリンク

プロ野球選手のダルビッシュ有選手が、体調不良のためレンジャーズ戦に出ないことを決めました。

前日から、せきやたん、鼻水などの症状があったそうです。

ツイッターでもインフルエンザについての検査報告をしています。

ダルビッシュ有選手はユーチューバーとしても活躍していますが、ユーチューブで体調不良の原因を告白。

それが体調不良につながっているのでしょうか。

詳しく見ていきます。

関連記事:ダルビッシュ有 体調不良について!星を読んで気づいたことを並べてみた!使命は?

 

スポンサーリンク

ダルビッシュ有 体調不良の原因は

プロ野球選手のダルビッシュ有選手が、5日にレンジャーズ戦の先発投手から外れました。

それは、体調不良が原因としています。

自身のツイッターでもインフルエンザではないことを明かしていますが、他の選手や監督も体調不良を訴えていたそうです。

なにが問題なのか気になりますね。

 

ダルビッシュ有選手は、2月29日のブルワーズ戦で初登板。

最速158キロという早さのボールを投げて、好調な仕上がりであることをアピールしていました。

3月26日には、ブルワーズ戦があるとのことで、開幕投手の候補に上がっています。

 

ダルビッシュ有 体調不良の原因…ツイッターで報告

ダルビッシュ有選手は、体調不良の選手が周りにたくさんいて、症状解明するために病院に行ったそうです。

その報告をツイッターに投稿しています。

新型コロナウイルスが流行していることから、即病院行きになったとのこと。

インフルエンザは陰性なので、あとはなにが問題なのかわからないと怖いですよね。

現在は症状が落ち着いているそうですが、原因はなんだったのでしょう。

 

ダルビッシュ有 体調不良の原因に世間は?

新型コロナウイルスの影響を心配している人が多くいるようです。

アメリカの新型コロナウイルス感染者は、現時点(2月29日NHK発表)で18人ほど。

これからの感染拡大が懸念されている国でもあります。

試合のときには握手などを控えるような方向で進んでいますが、どこまで対策が取られているのかはわかりません。

それでは、世間の声をどうぞ。

「ダルビッシュは世界の救世主。ダルビッシュが復活すれば世界が元気になる。」

「コロナか…
アメリカは相当数いるのは間違いない
世界2位ぐらいにおどり出るよ」

「しばらくは自宅で本業に専念して下さい」

引用元:ヤフーコメントより

ダルビッシュ有選手を心配する人がいますね。

また、ダルビッシュ有選手は、ユーチューバーとしても活躍していることから、現状を発信してくださいとの声もあります。

「ユーチューブで状況発信してください。」

引用元:ヤフーコメントより

自身のツイッターでも動画の準備はできていると投稿されていたので、詳しいことは近いうちにわかるでしょう。

体調が早く回復するといいですね。

 

ダルビッシュ有 体調不良について

ダルビッシュ有選手は、自身のユーチューブで体調不良が2年間ほど続いていたそうです。

ユーチューブはこちら。

 

調不良の始まりはトレーニングのやり過ぎ?

ダルビッシュ有選手は2016年12月22日に、全身のだるさを感じました。

特に前腕のだるさがひどかったそうです。

そのときにやっていたことは、トレーニング。

選手たちが集まる場で自分のトレーニングを広めたいと、いつものスケジュールを詰めてやったそう。

1日か2日はきちんと休みを取って体を回復させるやり方を変えて、毎日なんとなくトレーニングを続けている日々がそこにありました。

選手たちが自分を頼って来ることに全力で応えたいダルビッシュ有選手の人柄が出たことではありましたが、毎日のトレーニングによって体や心が消耗してしまったそうです。

自分の体力への過信が引き起こしてしまったことだと話しています。

 

体調不良を改善するためにやったこと

  • 完全オフの期間をつくる
  • 体を休ませる
  • 食事療法
  • 鬱や自律神経失調症の改善
  • マッサージ

ダルビッシュ有選手は全身のだるさからトレーナーさんと相談をして、10日間の完全オフを決めました。

10日間完全オフにすると、大抵は体調不良が改善したり、体の疲れが取れたりするそうです。

しかし、10日間の完全オフから明けてトレーニングをしても、だるさや疲れはひどくなっていったとか。

思うようにトレーニングをできなかったことから、ストレスも溜まっていったと話しています。

2018年には肘を故障してしまい病院へ。

そのときには全身の検査を受けました。

2016年から抱えていた症状の原因は、病院でも解明することができなかったと言います。

そのため、本を読んだりいろんな人や選手の話を聞いたりして、色々な療法を試しました。

それでも効果は実感できなかったそうです。

 

体調不良の具体的な症状

  • 全身のだるさ
  • ストレス
  • 息苦しさ
  • 筋肉のこわばり

体調不良の症状は2年続いたそうで、今も完全には治っていないのだとか。

息苦しさが一番きつかったようで、夜寝る前には特に感じたと話しています。

マウンドに立つと足が壁のようにカチカチになってしまい、筋肉のこわばりを感じるように

なりました。

その症状から来る実態はすさまじく、70Mのジョギングすら息が上がってしまってまともにできなかったのだとか。

キャッチボールもできないほどの肘の痛みもありました。

 

体調不良を改善させたものは「背骨コンディショニング」

そんなダルビッシュ有選手を救ったものは、「背骨コンディショニング」だそうです。

ある本がきっかけでみつけたと話しています。

これをすることによって、体調が少しずつ改善。

今でも続けているそう。

「仙骨枕」を使うそうなのですが、一般の人にも勧めています。

原理は、仙骨を正常な位置に戻すことによって、体のずれを治すもの。

体のずれは、あらゆるところに支障をきたします。

精神的に不安定になるのも、体のずれが関係している、なんてことも実際は多いみたい。

このトレーニングによって、体調はよくなっているそうですが、今回の体調不良が関係していないといいですよね。

今では、精神的に落ち着いて、子どもたちと外で遊ぶことができるようになったそうです。

本当によかったですよね。

 

同じ悩みを持つ方に勧めていたりするので、気になった方はチェックしてみましょう。

体のずれが原因で鬱や自律神経失調症みたいな症状が出ているのであれば、それだけで心が軽くなります。

悩んでいる方は、そういった方法も試してみましょう。

 

ダルビッシュ有 体調不良の原因まとめ

プロ野球選手のダルビッシュ有選手が、体調不良で予定していた試合をキャンセル。

症状は、せきやたん、鼻水などです。

新型コロナウイルスが蔓延していることやインフルエンザが流行していることから、病院に行ったそうですが、インフルエンザの検査は陰性とのこと。

他の選手や監督も同じような症状があったそうです。

具体的な病名についてはまだ公表されていませんが、体調は回復しているとツイッターに投稿しています。

今後の試合日程については、監督と話し合っていくとのことで、無事に先発投手として投げられるといいですよね。

スポンサーリンク

-スポーツ

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.