投稿日:

芸能

元ブルゾンちえみ 限界告白!? 引退理由の真実について!現在はなにしてる

      
スポンサーリンク

3月31日に引退した元ブルゾンちえみの藤原史織さんが、引退の理由について明かしたことが話題に上がっています。

何でも、ブルゾンちえみとしての活動に限界を感じたことが引退の理由の真実なんだとか。

あれだけヒットしてしまった後に方向転換することは勇気が必要だったと思いますが、限界告白した現在はどんな心境なのでしょうか。

また、現在は本名で活動しているとのこと。

それでは、それぞれについて見ていきましょう。

関連記事:ブルゾンちえみ 海外挑戦報道!?事務所は退所?with bは解散について

 

スポンサーリンク

元ブルゾンちえみ 限界告白!引退理由の真実について

 

この投稿をInstagramで見る

 

SHIORI FUJIWARA🙃(@shiori_f83)がシェアした投稿 -

3月31日に事務所を退所し、話題になった元ブルゾンちえみさんですが、引退した理由について明かし、注目を呼んでいます。

また、現在はブルゾンちえみという名前ではなく本名である藤原史織で活動しているとのことです。

これからどんな活動をし、現在はどんな心境なのでしょうか。

関連記事:ブルゾンちえみ 退社 留学決定!場所は欧州?理由は社会貢献?何を目指すのか

 

ブルゾンちえみに限界を感じた

ブルゾンちえみという芸名で活動してきた藤原史織さん(29歳)。

ネットニュースなどでは引退の理由についてさまざまな憶測が繰り広げられていましたが、自分の口から引退の理由の真実について語りました。

それは、ブルゾンちえみというキャラクターを続けることに限界を感じたからなんだそうです。

藤原史織さんはもともと周りの空気や意見などを感じながら、自分の主張をするタイプの人間らしく、ブルゾンちえみのキャラクターとは正反対。

しかしながら、ブルゾンちえみとしてエンターテインメントを提供するときには、助けられたこともあったとか。

3月31日に事務所を退所し、ブルゾンちえみからも卒業した藤原史織さんは、4月1日の心境をこのように話しています。

「これからは藤原史織らしく生きていけそうな気がします。」

それだけ藤原史織さんにとってブルゾンちえみというキャラクターの存在が、重荷になっていたのでしょう。

一方で、自分のアイデンティティの一つになったブルゾンちえみには感謝もしているとのことです。

これからどんな活動をしていくにしろ、「元ブルゾンちえみ」という名前は付いてくるでしょう。

しかし、それで名前が広がり活動ができるのであれば、デメリットではないですよね。

 

すがすがしさが大切

藤原史織さんの座右の銘は、「すがすがしく」だそうで、ブルゾンちえみとして芸能活動を続けていく中で自問自答を繰り返した結果、現状すがすがしいとは思えなかったことも引退の理由に上げています。

自分がすがすがしいと感じているときは無敵だという心で、どんなことにも前向きに挑戦できる人物なんだとか。

それだけ自分のことがわかっていれば、ブルゾンちえみとして世間から求められることと向き合っていくことは大変だったでしょう。

この、すがすがしさをこれから取り戻して活動していく旨を話しています。

藤原史織さんは事務所を辞めるにあたって、まず相談したのは両親だったそうです。

お父さんはびっくりしていたようですが、お母さんは何かを悟ったように、

「良いと思う」

と言ってくれたそう。

お母さんって本当に子供のことよくわかりますよね。

藤原史織さんはなんでも、大学時代にうつっぽくなってしまった経験を持っているそうです。

教員免許を取りに大学に行ったそうですが、なんとなく取っておけば将来役に立つかもという心境の自分と、子供の時から先生になりたかったから頑張りたいと思っている周りの学生とのギャップに苦しんだことが原因。

大学生活をそれなりにエンジョイしていたそうですが、周りのキラキラを感じて、自分はどんなものなら熱くなれるのか、どんなことなら周りの子たちみたいに夢中になれるのか。

そんなことを考えていたら、自分を追い込んでしまうことに。

誰しも自分がなにをやったらハッピーなのか考えたことがあると思いますが、うつになるほど自分を追い込んで考えることができる人って、多くはないですよね。

そのストレスで体重が30キロも増えたそう。

結果、大学は中退。

その時の自分の状況と現状を比較し、二の舞にならないように先手を打とうと思ったのも、引退を決めた理由の一つとしています。

どんなことも経験するって大事ですよね。

藤原史織さんは本当に真面目な人だと思います。

 

お金より大切なものを見つけた

藤原史織さんは引退することを事務所に相談したとき、引き止められたそうです。

また、周りの先輩にも、いろいろなことを言われたんだとか。

そりゃ周りの先輩芸人からしてみれば、なんでこんなに知名度も人気もあって辞めちゃうのって思ってしまうと思います。

しかし、そんな言葉をかけられても自分の決めたことを貫き通し、引退を決めているのです。

意志が強い方なのかなと想像していましたが、決めては単独ライブの心境にあったとか。

2019年3月に初の単独ライブをやったとき、達成感や自分のやりたいことをやりきった気持ちがあったそうですが、その一方でこんなことも思ったと話しているのです。

「このままでいいのだろうか、と違和感を覚えてしまった」

成功した単独ライブでブルゾンちえみとしての感触を味わった藤原史織さんですが、本心からは手放しで喜べるほど充実感はなかったようです。

自分と正反対のキャラクターを演じることで助けられる部分や開放できる気持ちってあると思いますが、それがずっとだとおかしくなってしまいそうですよね。

会社で働いている状況でも、自分に合わないことや無理難題を押し付けられ続けると、体を壊したり、心がダメになってしまうことがあります。

芸能界の仕事や芸人としての活動の中でも、同じように感じる人がいることに、少し親近感を覚えてしまいました。

 

藤原史織さんは、今まで事務所の後ろ盾があったのでお金の心配をしなくてよかったそうですが、これからはひとりで活動していくことになります。

それについては、

「お金がなくてもなんとかなるさ」

と感じているそうです。

現在は、お金のために自分の生き方に反している人たちの力になれればと、お金の勉強を始めているんだとか。

藤原史織さんのインスタグラムのフォロワーは、220万人。

自分には発信力があると分析し、見てくれている人たちのためになにかできればと動いているようです。

 

将来の夢について

藤原史織さんの将来の夢は、イタリアに住むこと。

また、以前ネットニュースにも上がっていた、環境問題や動物愛護に直接関わり何かしらの活動をしていくこと。

さらに、エンターテインメントの仕事をすること、なんだとか。

藤原史織さんはウィル・スミスの大ファンで、憧れを持っているそうです。

エンターテインメントを提供しつつ、俳優としての地位も確立しているウィル・スミスと、いつか仕事ができればと思っているんだとか。

イタリアに住む夢は、もともと興味があり、昔訪れた時に気に入ったからと話しています。

海外に行って自分が住みたい街を見つけられるって素敵ですよね。

藤原史織さんは世に事務所引退のニュースが出た時点では、イタリア留学に行くことを決めていました。

今はこんな状況なので無理だとして、日本でできることを模索しているそうです。

藤原史織さんは文を書くことが好きなことから、本の出版も考えているとか。

ブルゾンちえみというキャラクターを卒業しても、やりたいことが見つかるって素敵なことですよね。

これからの活躍に期待です。

 

元ブルゾンちえみ 限界告白に世間の反応は?

ブルゾンちえみこと藤原史織さんの引退理由の真実について、世間からはこんな反応がありました。

「雛壇にいても、どこか落ち着いた雰囲気を持ってる方だなと以前から感じていて、おそらくお話したら安らぎを感じる人だろうなと思ってました。」

「彼女に限らず芸能人は自分のペルソナで生きる息苦しさを抱えているでしょうね。」

引用元:ヤフーコメントより

藤原史織さんはブルゾンちえみのネタをやっているときは生き生きとしている印象でしたが、ひな壇やトークとなるとなにを言って良いのかわからないみたいな戸惑っている感じがしました。

そう感じた人も多いようで、藤原史織さんの今後に期待している声や応援している声が多く見られます。

「事務所におんぶに抱っこで海外進出だーて言っている村本や綾部から比べたら覚悟がうかがえる。」

「潔く、素晴らしい。
これからも思い通りに頑張って下さい。
陰ながら応援しています。」

「ブルゾンの肩書を捨てて藤原史織として思う存分好きな事をして欲しい。以前ほどの派手さは無くなっても人間としての輝きが見られるかも、頑張って下さいネ。」

引用元:ヤフーコメントより

世間の要求やテレビの要望に答えるのが芸能人としての仕事とする見方もありますが、これからの時代は人間臭いほうが見ていておもしろいかもしれませんね。

無理して芸能界から消えていく人もたくさんいますから、自分の人生ですから。

やりたいことをやりたいようにやれた方が、たくさんの人の心を動かすことにも繋がると思います。

これからが楽しみですね。

 

元ブルゾンちえみ 限界告白のまとめ

元ブルゾンちえみの藤原史織さんの引退理由の真実に注目が集まっています。

それは、ブルゾンちえみとしてのキャラクターを演じることに限界を感じたこと。

また、座右の銘であるすがすがしさを失っていることにあったそうです。

事務所を引退することについては、両親やマネージャー、事務所の人と相談して1年ほど準備をしたそう。

これからは、自分の本名で活動していくとのことですが、やりたいことがたくさんありそうですね。

頑張ってほしいです。

スポンサーリンク

-芸能

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.