投稿日:

ニュース

朝日新聞社 謝罪?ツイッターで不適切発言!新型コロナウイルスの影響について

      
スポンサーリンク

朝日新聞社が、編集委員がツイッターで不適切な発言をしたとして謝罪しました。

それは、新型コロナウイルスについてです。

世間を揺るがす大きな問題となっているウイルスですが、メディアの対応には批判が相次いでいます。

情報社会と言われる世の中ですが、その情報をどうやって扱うのかについてはこれから議論がされそうですね。

それでは、朝日新聞社が謝罪したツイッター投稿についてみていきましょう。

 

スポンサーリンク

朝日新聞社 謝罪について

朝日新聞社は、13日、編集委員である小滝ちひろ編集委員が投稿した不適切なツイッターについて謝罪しました。

ツイッターに投稿した当初は、非難の声が殺到しましたが、すぐに投稿が削除されたため今は見ることができません。

内容は、

「新型コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない」

というもの。

新型コロナウイルスの影響によって、さまざまな事態に見舞われている方が大勢いる中での「痛快」という表現に、批判が殺到したのです。

本人は深く反省しているとのことですが、情報だけでなく言葉の重みも把握しているプロがしたことだけに、憤りを感じる人が多くいるでしょう。

軽はずみや軽率な行動を言われても仕方がありませんよね。

またツイッターの投稿には、

「戦争でもないのに超大国の大統領が恐れおののく」

との言葉もあったようです。

誰もが心配や不安の中目に見えないウイルスと戦っています。

それに対して、揶揄するような表現にも思えてなりません。

 

朝日新聞社は、

「報道姿勢と相容れない行為だったと重く受け止め」

として、謝罪しています。

小滝ちひろ編集委員の「ソーシャルメディア記者」を削除し、事態を収集しようとしているところです。

これには世間から多くの意見が飛び交いそうですが、どのようなものがあるでしょうか。

 

朝日新聞社 謝罪に世間は?

朝日新聞社の記者が不適切な発言をツイッターに投稿したことについて、記者として世の中に情報を発信する責任感がないとの声があります。

今では一般人が流したデマだけでも混乱におちいってしまう世の中ですからね。

昔からある大手メディアが流せば、世の中の流れはおかしな方向にいってしまいます。

自分の発言がどのくらいの影響を及ぼすかわかっていて欲しいと思いますね。

それでは、世間の声を見てみましょう。

「コロナウィルスを痛快な存在と表現する人間は、世界中で誰一人いないと思います。朝日新聞社は原稿を事前審査をしないのですか。ツィーターで炎上してからでは遅いです。朝日新聞社と小滝氏が記者会見をして謝罪するのがあるべき姿ではありませんか。そういった動きを期待しています。」

「この記事が諸外国に拡散され、日本の考えとされる。ごめんなさいじゃないだろうに。」

「この記者だけでは無く、朝日新聞社自体、新型コロナウイルスで安倍首相(政府)がドタバタしているのが楽しくてしょうがないんじゃない?
が本音では?
報道の自由と言って、何でも書いて良い訳では無い。」

「怖すぎます。
テロリストと同じじゃあないですか
朝日新聞はどう責任取るんですか
不安を煽って、日本を混乱させる
よう、どこかの国から
指示されてるんですか」

「俺は、朝日新聞の総意として受け止めたからな!」

引用元:ヤフーコメントより

世間の意見からは憤りの感情を見ることができますね。

昔から新聞社の発言は大きな影響を国民に与えてきました。

若い人は新聞を読む機会が少なくなりテレビからの影響もほとんどないでしょう。

しかし、今でも新聞社の意見が正しいと思っている人もいます。

すべての報道について中立でいることはできませんが、少なくても国民を混乱や不安にさせるものは、公の場に上げてほしくはありませんよね。

それでは、一般人が流すデマと変わりません。

新聞社の意見が世論の中心になるのは、プロが下調べをしてプロとしての意見をまとめているから。

そのプロの自覚が欠けてしまうと、日本はますます難しくなりそうです。

 

朝日新聞社とは

朝日新聞社が発行している新聞は、読売新聞に続く全国2位の発行部数をほこっています。

大阪に本社があり、2010年には日本の権威ある新聞社として世界からの注目度もあがりました。

朝日新聞社は1879年(明治12年)1月25日に第一号となる新聞を発行したので、発行してから140周年を迎える日本を代表する新聞なのです。

そんな世界から見ても大きな一大メディアなのですから、ツイッターに不適切な発言をすればどうなるのかは、誰が見てもわかります。

世界から注目されるメディアであれば、発信した言葉は日本人の総意とも受け止められてしまうのです。

責任重大ですよね。

 

朝日新聞社 謝罪のまとめ

朝日新聞社の社員がツイッターに不適切な発言をしたとして謝罪しました。

新型コロナウイルスの影響が「痛快」であるとの表現に、世間からは批判の声が多く寄せられています。

日本を代表する新聞社の社員として取るべき行動がどんなものなのか、世界からどう見られるのかを、意識してもらいたいですよね。

1人の新聞記者が言った発言が、日本人すべてと思われるのは心外です。

情報社会だからこそ、言葉を慎重に発信しなければならないのでしょう。

スポンサーリンク

-ニュース

  

Copyright© spmorlyblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.